この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「RFID 掲載日:2005/01/24

RFID(ICタグ)



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
RFID(ICタグ)ソリューションの基礎知識
2
RFIDソリューション最新動向
1
RFIDミドルウエアの選び方
2
製品カタログ
1
RFID(ICタグ)市場動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ICタグを中心とするRFIDはユビキタス社会の期待の星として高い注目を集めており、すでに数多くの実証実験が行われてきた。そして今、実用段階に入ったソリューションもいくつか登場し始めてきたことから、情報システムの一部としてICタグシステムを取り込む動きも見られるようになってきた。そこで今回は、RFIDソリューションの基礎知識をしっかり抑えながら、RFID関連製品をハードウエアとソフトウエアに分けて、それぞれの最新トピックスを紹介していく。 RFID(ICタグ)

1 

RFID(ICタグ)ソリューションの基礎知識


 RFIDとは、Radio Frequency Identificationの略で、電波を使った非接触の自動認識技術のことだ。RFIDでは、タグやラベルという形に加工されたアンテナ付 IC チップ(これを総称してICタグと呼んでいる)を商品や人に付与し、そのICチップとの間で専用装置(リーダーやライター)を使って情報をやり取りすることで、商品や個人を特定したり認証したりすることができるようになる。



1-1

最初に実用化が進んだのは乗車券から


 RFIDを使った代表的な実用例といえば、JRの改札口で定期券をタッチまたはかざすだけで通過できる JR東日本の「Suica」やJR西日本の「ICOCA」をあげることができる。これらのICカード化された乗車券の中にはICチップと無線用アンテナが埋め込まれていて、自動改札機に搭載されているリーダー/ライターとの間で(13.56MHz帯の周波数を使用して)近距離通信を行い金額データの読み取りや、所定の運賃を差し引いたデータの書き込みを行なう仕組みになっている。
 また、NTTドコモが「おサイフケータイ」として売り出している「iモードFeliCa」にもRFID技術が使われている。ICタグが内蔵されているi モードFeliCa対応の携帯電話をリーダー/ライターにかざすだけでショッピングや搭乗手続きができる。さらに、JR東日本では、Suica機能を搭載した携帯電話「モバイルSuica」を利用したサービスを2005年度後半に開始する予定で、そうなると例えば携帯電話で新幹線も利用できるようになる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

RFID/動き出した「RFID(ICタグ)」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「RFID」関連情報をランダムに表示しています。

RFID」関連の製品

AsReaderApps 【アスタリスク】 クラウド型社内資産管理ソフト Assetment Neo 【アセットメント】 ハンズフリー認証システム ACCURANCE-TAG(アキュランスタグ) 【オプテックス】
その他基幹系システム関連 IT資産管理 入退室管理システム
iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 クラウド型の社内資産管理ソフト。社内の資産管理台帳を一元化して、常時正確な管理状態を維持。他社のIT資産管理ソフトと連携し、所在不明な機器を把握する。 ハンズフリーでのスムーズな通行動線を確保しつつ、無駄開きによるセキュリティ性の低下を防止。利便性とセキュリティ性の両立を実現したハンズフリー認証システム。

RFID」関連の特集


今回は、ストレージシステムの中で機能面に優れるSANをご紹介します。各ベンダーの仮想化への取り組みな…



バーコードやRFIDではできない個品管理法を簡単に実現した新しい2次元コードをご紹介。いったいどこが…



 今回はIT導入による「見える化」とその成功事例について説明しましょう。「見える化」は、日本企業のマ…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

RFID/動き出した「RFID(ICタグ)」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RFID/動き出した「RFID(ICタグ)」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001040


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ