AR(強化現実)●VR(仮想現実)の逆って?


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2005/01/19
 仮想現実の逆(?)で新しい市場を開く!「AR(強化現実)」ってなんだ!?


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは「AR(強化現実)」。コンピュータで情報を補うことで、目に見える現実の事物への認識を助ける技術です。ヘッドマウント・ディスプレイなどの身につけられる機器上に、自分のいる位置や、見える景色に関連する情報が表示される…、そんな夢のような技術に関する研究が進められています。

5分でわかるイメージ図


AR(Augmented Reality:強化現実)とは
 コンピュータの情報処理を通じて、目前に広がる実在する空間と、映像や音楽、文字などさまざまな情報とを重ね合わせる技術。これまで、「現実」をただ見るだけでは知りえることができなかった知識や情報を補完し、“現実の認識を強化する”ことから、「強化現実」と呼ばれている。例えば、美術品を見ているときに、「美術品」という目に見える現実空間に、その作品が作り出された時代背景や、他の作品との関連性といった様々な情報が、「映像」や「音声」、「文字」などの形式で重ね合わされることで、より現実世界への理解を深めることができる。このように、人が目にする現実世界に対する認識を様々な形で補完し、強化するところがARの最大の目的といえる。
Scroll Browser
▲ARの一例。[Scroll Browser] 壁の中の配線の様子を見ている。

■AR登場の背景
 ARが登場する以前から、実際には存在しない、データの世界に存在する「仮想的な空間」を、あたかも現実らしく見せる「バーチャル・リアリティ」(=仮想現実)が広く研究されていた。ARは、いわばこの仮想現実とは正反対の技術といえる。例えば仮想現実では、実在しない空間の中に人が入り込み、その中を動き回るという処理が可能であるが、すべての空間や状況を仮想的に作り出すには膨大な時間と労力が必要であり、また、その空間を広げるには限界があった。また、仮想現実の応用例は、現実では体験する事ができない医療や軍事などのシミュレーション訓練や、遊園地のアトラクションなどと限られており、こうした流れの中で、リアルな空間にデータを重ね合わせるというインターフェースを持ったARが注目されることになる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/9/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Dyson Supersonic ヘアードライヤー 
●A賞:抽選で1名様
 ASUS エイスース ZenFone 3 ブラック ZE552KL 4GB 64GB (SIMフリー) 
●C賞:抽選で1名様
 SenseAbility Bluetooth Speaker 空中浮遊型Bluetoothスピーカー7色マルチカラータイプ 
●D賞:抽選で3名様
 松阪牛やまと 最高級を手軽に自宅で「松阪牛ギフト券」 
●E賞:抽選で1名様
 サントリー伊右衛門 特茶 500ml×24本

このページの先頭へ

AR/AR(強化現実)●VR(仮想現実)の逆って?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「AR」関連情報をランダムに表示しています。

AR」関連の製品

ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 AI、IoTからVRまで――注目の技術分野から探る次世代ITインフラの条件 【日本ヒューレット・パッカード】
IT資産管理 PCサーバ
ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 AI、IoTからVRまで――注目の技術分野から探る次世代ITインフラの条件

AR」関連の特集


スマートデバイスが増える中、社内の情報資産にアクセスできる環境整備が急務に。今こそ考えたいリモートア…



人間の身体、五感、頭脳の能力をITをはじめとする技術で拡張した「超人スポーツ」が登場!未来の五輪へ、…



 前回までは、TRIZの「40の発明原理」を使ってビジネスの矛盾を解決してきました。 実は、ビジネス…


AR」関連のセミナー

KEL仮想化サミット2017 in 名古屋 【兼松エレクトロニクス/ヴイエムウェア/日本ヒューレット・パッカード】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。『働き方改革』への関心が高まりその取組みが急務である今、私どもKE…

潜在的リスクの把握&ファイル「棚卸し」管理のススメセミナー 【クオリティソフト/国際産業技術/ARアドバンストテクノロジ】 締切間近 

開催日 8月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、サイバー攻撃による被害や内部関係者による機密/個人情報の不正利用が非常に問題となっています。先日も世界各国でランサムウェア「WannaCry」の被害が大き…

HPEストレージフォーラム 2017 【日本ヒューレット・パッカード】  

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2020年には、世界で生成されるデータ量が44ゼタバイトに達すると予測されています。スマホやセンサーが生み出すデータが指数関数的に増加するとみられているからです…

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

AR/AR(強化現実)●VR(仮想現実)の逆って?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「AR/AR(強化現実)●VR(仮想現実)の逆って?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001039



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ