この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「ウイルス対策 掲載日:2005/01/11

ウイルス対策サービス



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
ウイルス対策ツールの課題
2
コスト最適なウイルス対策のための「サービス」とは
1
最適なコスト対効果をめざすウイルス対策のポイント
2
ウイルス対策サービスと製品カタログ
1
ウイルス対策サービス市場動向
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 豊富なメニューやサービスが各社から提供されてきたウイルス対策サービス。その中でも市場が拡大しているウイルス監視サービスに関する市場動向を紹介する。また、ウイルス監視サービスの市場推移の背景をより理解しやすくするために、市場の拡大要因と阻害要因を表にまとめたので参考にして欲しい。 ウイルス対策サービス

1 

ウイルス対策サービス市場動向



1-1

ウイルス監視サービス市場動向


 ウイルス監視サービスは現在、単独のサービスとしてだけでなく、メールサーバーホスティングサービスやセキュリティ監視サービスなど多彩なサービスに組み込まれて提供されている。メニューの多彩化によってサービス内容とコストを勘案した導入が可能となっていることから、企業規模を問わず多彩なユーザーに受け入れられている。
 表面化しやすいウイルス感染問題は一般企業ではカバーしきれない面が出てきており、高度化・アウトソーシング化へのニーズが高まりつつある。このニーズにマッチしたサービスとして、今後も引き続き市場を拡大していくものと見られる。


図1 ウイルス監視サービスの市場規模
図1 ウイルス監視サービスの市場規模
資料提供:富士キメラ総研
2004 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ウイルス対策/ウイルス対策サービスを使う!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ウイルス対策」関連情報をランダムに表示しています。

ウイルス対策」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 MDMサービス「Optimal Biz」 【ソフトバンク コマース&サービス】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】
アンチウイルス MDM IT資産管理
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 3万5000社以上が利用する国内シェアNo.1のMDMサービス。スマートフォンやタブレット端末の管理、セキュリティ対策をサポート。500機種以上のデバイスに対応。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。

ウイルス対策」関連の特集


 前回は、スマートフォンのセキュリティ対策を考慮する上で重要な視点のうち、(1)スマートフォン端末、…



中堅・中小企業でもマッチする製品が整備されてきており、導入が容易になってきているERP。導入を目的に…



 今回から4回にわたってお伝えするのは、昨年の7月にキーマンズネットで連載された、特定非営利法人 日…


ウイルス対策」関連のセミナー

デュプロ製品展示会及びITセキュリティセミナー 【デュプロ販売】  

開催日 5月12日(金)   開催地 岐阜県   参加費 無料

第1部(13:30〜14:10) 東日本大震災から6年、今だからこそ情報資産のバックアップを再検討「企業が抱える課題、大容量のバックアップ対策」 ■バックアップ…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ウイルス対策/ウイルス対策サービスを使う!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ウイルス対策/ウイルス対策サービスを使う!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001034


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ