この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「ウイルス対策 掲載日:2005/01/11

ウイルス対策サービス



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
ウイルス対策ツールの課題
2
コスト最適なウイルス対策のための「サービス」とは
1
最適なコスト対効果をめざすウイルス対策のポイント
2
ウイルス対策サービスと製品カタログ
1
ウイルス対策サービス市場動向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 ウイルス対策サービスとひと括りに言っても、人によるサービス、ツールによるサービスの違いを含め、実は非常に幅広くさまざまな内容がある。基礎編では特にウイルス対策に重点を置いたものばかりを紹介したが、セキュリティやクライアント管理にかかわるツールやサービスにはウイルス対策としても非常に有効なものが少なくない。逆に言えば、ウイルス対策はそれだけ幅広い領域の技術やノウハウを結集しなければ万全にならないともいえる。ここではそうしたツールやサービスも含め、ウイルス対策の選択肢を考えてみる。
 併せてウイルス対策サービスや製品カタログ、市場動向も掲載する。
ウイルス対策サービス

1 

最適なコスト対効果をめざすウイルス対策のポイント



1-1

セキュリティの運用負荷を減らすパッチの一元管理


 今最も管理負荷が高いのは、特にWindowsのセキュリティパッチの適用作業だろう。マイクロソフトではWindows Updateでネット上での適用を可能にしているが、企業内の個々のユーザーに適用させるのは難しい。同社のSoftware Update Services (SUS) を用いれば作業は簡易化し、ネットワークの負荷も抑えられる。これに資産管理ツールの機能を組み合わせると、セキュリティ状況の一元管理と適切なパッチ適用が可能な下地が出来上がる。膨大で複雑なパッチ適用作業を簡単にするツールや、リモートで自動適用を行うサービスもあるのでできるだけラクができる方向で検討していくべきだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ウイルス対策/ウイルス対策サービスを使う!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ウイルス対策」関連情報をランダムに表示しています。

ウイルス対策」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】
アンチウイルス アンチウイルス 暗号化
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。

ウイルス対策」関連の特集


 トレンドマイクロが実施した2009年上半期の調査によれば、なんらかのウイルス対策を実施している企業…



国家機関や民間企業を狙うサイバー攻撃が世界的に増加中!気づかぬ間に密かに拡大も…?最新のサイバー攻撃…



セキュリティの高さ、安定度の高さに加え、Windowsとの互換性から注目を集めています!そんな「デス…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ウイルス対策/ウイルス対策サービスを使う!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ウイルス対策/ウイルス対策サービスを使う!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001033


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ