この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「ウイルス対策 掲載日:2005/01/11

ウイルス対策サービス



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
ウイルス対策ツールの課題
2
コスト最適なウイルス対策のための「サービス」とは
1
最適なコスト対効果をめざすウイルス対策のポイント
2
ウイルス対策サービスと製品カタログ
1
ウイルス対策サービス市場動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 サーバーやクライアント等でのウイルス対策ソフトは必需品。しかしそれだけでは新たなネットワークウイルスに完全な対応ができない。ますます凶悪化し手口が巧妙化するウイルスには、ソフトやハード、ネットワークへの対策のほか、企業のポリシー、社員の行動など、あらゆる側面で対策を強化しなければならないが、ウイルス対策にかけられる運用管理コストには限りがある。そこで注目されるのが、「ウイルス対策サービス」だ。今回はその種類や利用の仕方を紹介する。 ウイルス対策サービス

1 

ウイルス対策ツールの課題


 数年前までウイルスといえばファイルやシステム領域に感染するものだった。ウイルス固有のコードパターンさえわかればウイルス対策ソフトでシステム内のファイルをスキャンし、パターンマッチングを行うことで、発見・駆除が容易に行なえた。捕捉を困難にするように自身を偽装するウイルスも、検索エンジンの進歩により検知可能になった。ウイルス対策ソフトの必要性は広く知れ渡り、今ではウイルス対策ソフトを導入していない企業はまずないだろう。ところがここ数年、ウイルス対策ソフトの普及にもかかわらずシステムの感染例は増える一方なのだ。IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)発表の資料によっても、ウイルス被害はますます深刻化している。


図1 ウイルス届出件数の月別推移
図1 ウイルス届出件数の月別推移
資料提供:IPA


1-1

ネットワークウイルスの蔓延


 企業システムのクライアントマシンやファイルサーバー、あるいはゲートウエイのそれぞれにウイルス対策ソフトを導入していても、現在のウイルスの侵入・感染を完全に防ぐことは難しい。その要因は、侵入経路がひと通りでないことと、特に多数のクライアントがある場合に パターンファイル更新が一律にできないこと、そして最も重要なのが、ネットワークに接続しているだけで感染するネットワークウイルスが蔓延していることである。
 他のコンピュータに感染を広げることを狙ったウイルスを「ワーム」というが、その中でもメールや共有フォルダを経由せず、セキュリティホールを悪用して、ユーザーの操作なしに感染活動を開始するネットワークウイルスの脅威が高まっている。2003年に猛威をふるったMSブラスターや、その前に流行したニムダ、スラマー、昨年大きな被害をもたらしたサッサーなどがネットワークで感染するワームの代表格である。
 メール添付やメール内の偽装URLのクリックによる感染は、ユーザーに知識があれば予防もできる。しかしネットワークウイルスは、ユーザーは何もしていないため感染に気づかず、他のサイトへのDoS攻撃の踏み台にされたり、いたずらにネットワークを圧迫されていたり、企業システム内外に感染を拡大させたりするケースも多い。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ウイルス対策/ウイルス対策サービスを使う!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ウイルス対策」関連情報をランダムに表示しています。

ウイルス対策」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 標的型メール攻撃対策ソリューション Active! zone 【クオリティア】
アンチウイルス ERP メールセキュリティ
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 メールによるウイルスや標的型攻撃を無害化するソリューション。業務上必要なメール運用の妨げとならないような機能を搭載し、安全性と業務効率を両立する。

ウイルス対策」関連の特集


セキュリティ意識の高まりにより、再び注目が集まっているデータセンタ。その基本的な設備と、最新動向を一…



大切なデータを「人質」に取り、身代金を要求するトロイの木馬の被害が報告されています。その手口と防衛策…



進化途上のスマートフォン。Windows Phone 7端末の登場や、個人所有の端末活用に注目が集ま…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ウイルス対策/ウイルス対策サービスを使う!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ウイルス対策/ウイルス対策サービスを使う!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001032


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ