BREW●FFもドラクエもストレスなし!携帯アプリ…


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2005/01/05
 BREW(ブリュー)ってなんだ?!

 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは「BREW」。携帯アプリを劇的に進化させることができるBREWの魅力について紹介します。BREWがもたらす新次元の携帯空間をさっそく覗いてみましょう。
BREWイメージ


BREWとは
 BREW(ブリュー)とは、大容量・高パフォーマンスなアプリケーション環境を実現することができる「携帯電話向けプラットフォーム」のことだ。既にBREW対応携帯電話はもちろんのこと、BREWアプリを使った様々なサービスが市場投入されており、昨年夏には「ファイナルファンタジー」「ドラゴンクエスト」といったキラーゲームもお目見えした。
 BREWは携帯電話の代表的な通信方式「CDMA」を開発した米国クアルコム社が提供しているもので、「Binary Runtime Environment for Wireless」の略と定義されているが、実はそのまま和訳すると「ビール」という意味になる。つまりBREWはJava(コーヒー)をかなり意識して付けられたネーミングだとも言われており、携帯アプリ開発の主流であるJavaと比較されることが多い。
 BREWがどんなプラットフォームなのかは次節を読んでもらうことにして、百聞は一見に如かず、とにかく次のサイトにアクセスして、BREWで開発されたBREWアプリを疑似体験してもらいたい。このサイトにアクセスすれば、エンターテインメント、ニュース、天候、ゲームなどのBREWアプリの実際の様子を味わうことができる。

BREWを体験してみよう!
「インタラクティブBREWデモ 」
  http://brew.qualcomm.com/brew/ja/about/interactive_demo.html

 BREWアプリを疑似体験してもらったところで、現在主流となっているJavaアプリとBREWがどう違うか、改めて説明しよう。

アプリ起動が速い
 まず第1に、BREWを使うと携帯アプリケーションの起動時間を大幅に短縮できる。一方、Javaアプリは仮想マシン処理のオーバーヘッドがあるので起動するのに数十秒もかかってしまう。BREWアプリはネイティブコードにコンパイル処理されるので約1秒で起動できる。

各種通信プロトコルを使った新サービスを提供できる
 第2に、BREWでは、いろいろなプロトコルを利用しながらC言語やC++言語で効率よくアプリケーションを開発できる。例えば、Push配信(端末側が情報を要求しなくてもサーバー側が一方的に端末へ情報を送り出すこと)を使ったエンドtoエンド(E2E)サービスも簡単に提供できる。一方、JavaアプリはHTTP/HTTPSしか利用できないので、BREWアプリのような豊富なサービスを提供することはできない。

携帯アプリ配信システムも安心して利用できる
 さらにBREWでは、第三者が一般のダウンロードサーバーを使ってBREWアプリを勝手に配信できないBDS(BREW Distribution System)という仕組みを提供している。つまり、BREWアプリを携帯利用者に提供するには、BREWアプリの提供を行っている通信事業者の検証プログラムに合格しなければならず、これに合格したBREWアプリだけが専用アプリケーションダウンロードサーバー(ADS)に登録される。従って、セキュリティ上問題になるアプリが紛れ込むことはない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 パナソニック ステレオヘッドホン RP-HD10-K  
●A賞:抽選で1名様
 バルミューダ 気化式加湿器 Rain 
●C賞:抽選で1名様
 ユーイング 水耕栽培機GreenFarm UH-A01E1 
●D賞:抽選で1名様
 GARMIN リストバンド型活動量計 vivofit2 
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

BREW/BREW●FFもドラクエもストレスなし!携帯アプリ…」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BREW」関連情報をランダムに表示しています。

BREW」関連の製品

「マネージドセキュリティサービス」はなぜ変わらなければいけなかったのか? 【株式会社シマンテック】 クラウド型WAF「攻撃遮断くん」 【サイバーセキュリティクラウド】
アンチウイルス WAF
「マネージドセキュリティサービス」はなぜ変わらなければいけなかったのか? 情報漏えいを狙った脆弱性への攻撃や、DDoS攻撃によるサービス停止を防止するクラウド型WAF。導入サイト数は3000を超え、クラウド国内トップクラスの導入実績。

BREW」関連の特集


最近、熱い視線を浴びている「スマートフォン」。今回はスマートフォン市場の現状を確認しつつ、今後の動向…



Office 365もWeb会議も、通信環境には大いに「課題あり」。しかし、実に47.3%がWAN高…



強化された現実…?目前に広がる実在する現実空間と映像や音楽、文字の情報を重ね合せ、これまで「現実」を…


BREW」関連のセミナー

中国サイバーセキュリティ法関連セミナー 対策編 【主催:IIJグローバルソリューションズ】  

開催日 2月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

世界的な傾向としてサイバーセキュリティ関連の法規制が強化される中、中国でも昨年6月1日に中国サイバーセキュリティ法が施行され約6ヵ月が経過しました。前回、10月…

働き方改革の現実解 Skype for Business自社導入の裏側大公開 【主催:インターネットイニシアティブ/共催:日本マイクロソフト】 締切間近 

開催日 1月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「業務効率化」「働き方改革」「コスト削減」と、企業での導入が進む、マイクロソフトのSaaS型クラウドサービス「Office 365」。中でも、社内外のコミュニケ…

失敗しないファイルサーバ・クラウドストレージ選定ポイント解説 【主催:インターネットイニシアティブ/共催:日本マイクロソフト】  

開催日 2月20日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

リスクマネジメントを目的としたバックアップデータや過去バージョンのファイルの蓄積、コンプライアンス対策を目的としたログの保有、働き方改革を目的とした紙媒体の電子…

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

BREW/BREW●FFもドラクエもストレスなし!携帯アプリ…」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BREW/BREW●FFもドラクエもストレスなし!携帯アプリ…」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001031


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ