この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「パーソナルファイアウオール 掲載日:2004/12/27

パーソナルファイアウオール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:セキュリティ情報
1
クライアントセキュリティの必要性
2
パーソナルファイアウオールの注目機能
1
パーソナルファイアウオールの選び方
2
製品カタログ
1
パーソナルファイアウオールセキュリティ情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 クライアントセキュリティという言葉をよく耳にするようになった。これは VPNやモバイル端末の利用が急増していることから、ネットワークの境界線だけにファイアウオールを入れただけでは必要なセキュリティを維持できなくなってきたからである。例えば、社外でウイルスに感染したノートPCなどのモバイル端末やメディアがそのまま社内ネットワークに持ち込まれて感染するケースも増え始めている。そこで今回は、クライアントセキュリティ対策の中で、今最も注目されている「パーソナルファイアウオール」にスポットを当て、その最新事情をお届けする。 パーソナルファイアウオール

1 

クライアントセキュリティの必要性


 クライアントセキュリティとは、パーソナルファイアウオール(後述)、アンチウイルスソフト、IDSなどを駆使しながらクライアントPCのセキュリティを確保することで、「エンドポイントセキュリティ」とも呼ばれている。広義に捉えれば、ファイルの暗号化や認証機能など、クライアントを対象にしたあらゆるセキュリティ機能も含めてクライアントセキュリティと呼ぶケースもある。
 それではなぜ、クライアントセキュリティという言葉が最近よく使われるようになってきたのか。それは、従来のゲートウエイ型ファイアウオールやアンチウイルスソフトだけでは、もはや企業ネットワークの必要なセキュリティレベルを維持できなくなってきたからである。



1-1

ブラスターに代表されるネットワーク型ウイルスの脅威


 クライアントセキュリティの必要性が広く認識されるようになった大きなきっかけの1つに「ブラスター」(Blaster)の流行がある。ここで、ブラスターとは2003年8月に猛威を振るったコンピュータウイルスのこと。これに感染すると、PCは再起動を繰り返しながらIPアドレスを自動生成し、そのアドレスのPCへ2次感染を試みる。そして、感染したPCはWindows UpdateサイトにDoS攻撃を仕掛けるよう設定されてしまう。
 ブラスターはOSやアプリケーションの脆弱性を利用しながらネットワーク経由で感染することから「ネットワーク型ウイルス」と呼ばれている。こうしたネットワーク型ウイルスはOSなどの脆弱性が発見されてから攻撃が始まるまでの期間が非常に短く(これをゼロデイアタックと呼ぶ)、しかも電子メールを開いたりウェブページを閲覧したりしなくても、ネットワーク接続しているだけで感染するので、感染速度が異常に速く、被害が急激に拡大する。
 そこで、こうしたウイルスに万一感染してもその拡散を抑制できるよう、アンチウイルスソフトだけでなく、各クライアント上にもファイアウオールやIDSを配置する必要が出てきたのである。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

パーソナルファイアウオール/パーソナルファイアウオール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「パーソナルファイアウオール」関連情報をランダムに表示しています。

パーソナルファイアウオール」関連の特集


2004年のウイルス届出件数は、2003 年の2倍以上。これに伴い、セキュリティパッチの適用業務など…



 前回、スマートフォンにおけるセキュリティ脅威は主に、(1)不正プログラム、(2)不正侵入、(3)紛…



会社にウイルスを持ち込まれる心配をしていませんか?検疫ソリューションで解決しましょう!基礎から最新動…


「ファイアウォール」関連の製品

クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは?

「ファイアウォール」関連の特集


大量のパケットを送りつけてネット接続をマヒさせるDDoS攻撃。古典的な手法ですが、2015年には50…



脅威の高度化により侵入を前提とした対策が求められている。とはいえ境界セキュリティをおろそかにしてよい…



 前回は、アプリケーション環境とユーザのネットワーク利用についてと、従来型のセキュリティ対策の限界に…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

パーソナルファイアウオール/パーソナルファイアウオール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「パーソナルファイアウオール/パーソナルファイアウオール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001028


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ