この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「IPS 掲載日:2004/12/24

スグ解る!「IPS」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはIPS。近年は不正アクセス手法の高度化や、システムの脆弱性を狙うウイルスの登場などにより、従来から利用されてきたファイアウオールやIDSだけでは企業ネットワークの安全性を守ることが難しくなってきた。そこで、不正アクセスを検知し、リアルタイムに防御できるIPSが登場した。 スグ解る!「IPS」

IPSって?

 IPSとは、クラッカーやウイルスによる不正アクセスから、企業のネットワークを防御する機器のことだ。エラーを含んだパケットや細工されたパケットといった不適切なトラフィックを検知し、そうしたトラフィックの企業ネットワークへの侵入を防御する。ただしIPSは、未だ市場の立ち上がり時期であり、明確な定義が存在しているわけではない。そのため、不正アクセスの検知/防御手法としては、製品ごとにさまざまな技術が採用されている。

IPSって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IPS/スグ解る!「IPS」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

IPS」関連の製品

エンドポイントセキュリティサービス EPSecurity 【インテック】 限られた空間に演算能力を凝縮する NeXtScale System 【レノボ・ジャパン株式会社】 SRXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】
IPS Windows ルーター
マルウェア対策のエンドポイントセキュリティ。フルクラウド型の検出方式により端末動作の軽快さをキープ。未知のマルウェアも怪しい振る舞いを検知してブロックできる。 ハイエンドな3DCG制作で、舞台裏を支えるITインフラの正体 Junos OSに統合型脅威管理(UTM)と不正侵入防御(IPS)、クラウド/モバイル時代に必須のアプリケーションの“見える化“機能を統合可能な次世代のサービス・ゲートウェイ。

IPS」関連の特集


 IPv6においてもフィルタリング・ルールだけではインターネットからの脅威には対応できないのはIPv…



 前回の記事では「入鉄砲に出女」の「入鉄砲」にあたる“組織外から発生する”セキュリティインシデントを…



 2016年1月14日、15日に開催された「SDN Japan 2016」のテーマの1つは、SDNや…


IPS」関連のセミナー

今求められるサイバー攻撃対策とは:東京 【主催:日本ユニシス 共催:ユニアデックス】  

開催日 12月19日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

特定の組織や個人を狙った標的型攻撃に加え、金銭等を目的としたばらまき型攻撃(ランサムウェア等)も猛威を振るっております。その手口や手法も高度かつ巧妙になっており…

ランサムウェアやビジネスメール詐欺への最適な対策とは? 【テクマトリックス/日本プルーフポイント】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

90%以上の標的型攻撃はメールがきっかけとなっていることは周知の事実です。実際の被害は企業規模や地域に関係なく起きています。攻撃者は、取引先や同僚を装う巧みな文…

変化し続けるIT時代における IT投資戦略 【アイ・ピー・エス/スカイライト コンサルティング】 締切間近 

開催日 12月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

経営者にとって「IT投資は儲かるのか?」は深刻な問題です。 経営者に「IT投資」を訴えることは難しく、理由としてはSI費等の目に見えるコスト以外に、利用者への定…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IPS/スグ解る!「IPS」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IPS/スグ解る!「IPS」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001027


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ