第50回 遠隔操作しよう!TelnetとRASツール


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2004/11/24
 遠隔操作しよう! TelnetとRASツール

 今回は、手元のコンピュータを使って遠隔地にあるコンピュータや機器などを操作する、遠隔操作について詳しく学んでいこう。まず、TCP/IP環境における一般的なサービスであり、コマンドレベルの遠隔操作が可能なプロトコルのTelnetや、これを実現するDaemon、NVT、透過的サービスについて説明する。さらに、OS操作におけるインターフェースのCUIからGUIへの移行や、そのニーズに応えるリモートアクセスツールの機能と活用例についても理解していきたい。 遠隔操作しよう! TelnetとRASツール


遠隔操作はこのプロトコルTelnet

遠隔操作とはどのようなものか
 みなさんは遠隔操作という言葉を耳にしたことがあるだろうか。今回はこの遠隔操作について、さまざまな方向から解き明かしていこう。
 そもそも遠隔操作とは何だろう。遠隔操作(Remote Control)とは、文字通り何らかの対象を遠隔地にいながらにして操作することをいう。現在インターネットやLANなどのコンピュータネットワークには、数多くのPCやコンピュータが接続されている。これらは遠隔地からのアクセスや要求に応じて、さまざまなサービスや情報の提供を行うことができる。だがメンテナンスなどを行う際には、通常は個々のPCやコンピュータに接続されるモニターを見ながら、キーボードやマウスで操作を行うだろう。
 しかし遠隔操作機能を用いれば、遠隔地であってもネットワークを介して、これらすべての操作を、あたかも目の前にそのPCやコンピュータが存在するかのようなイメージで操作することが可能なのである。

遠隔操作で実現したパソコン通信サービス
 みなさんの中には、インターネットが一般に普及する前から、PCとモデム環境を用いてパソコン通信サービスを利用していた方もいるだろう。インターネットとパソコン通信サービスには、大きな相違点が存在する。インターネットは、無数に存在する各種サーバーがサービス提供を行う分散型のネットワークサービスである一方、パソコン通信サービスは、会員が業者のホストコンピュータにアクセスすることでサービス提供を受けるといった集中型のネットワークサービスである。パソコン通信サービスの場合、会員はモデム、電話回線を介してホストコンピュータにアクセスし、認証工程を経ることで、ホストコンピュータの遠隔操作を許可される。それ以降は、遠隔地からホストコンピュータに数々のコマンドを送ることで、メールのチェックやBBSの読み書き、チャットのやり取りなどを行う。つまりパソコン通信サービスは、遠隔操作によって成立するサービスであるわけだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

遠隔操作/第50回 遠隔操作しよう!TelnetとRASツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「遠隔操作」関連情報をランダムに表示しています。

遠隔操作」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 LanScope An Free 【エムオーテックス】 標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス iNetSec Intra Wall 【PFU】
アンチウイルス MDM その他ネットワークセキュリティ関連
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 紛失・盗難対策に必要なパスワードポリシーやリモートロック・ワイプ機能をすべて網羅したツール。無料でスマートデバイスの紛失・盗難対策を実現(台数・期間無制限)。 ネットワーク内の通信を監視することで、標的型サイバー攻撃によるマルウェアの活動を検知し、感染端末の通信を自動的に遮断するアプライアンス。

遠隔操作」関連の特集


様々な場面で利用されるクラウドサービス。プライベートで使っているサービスに社内からアクセスする従業員…



マルウェア感染の3割がメールから、アンチウイルスで検知できないことも!データで実状を知り、対策法を押…



中堅・中小企業では備えなければ取引先からの発注が止まるかもしれないと導入が急がれている「PCログ監視…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

遠隔操作/第50回 遠隔操作しよう!TelnetとRASツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「遠隔操作/第50回 遠隔操作しよう!TelnetとRASツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000986


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > リモートアクセス > リモートアクセスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ