この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「バックアップツール 掲載日:2004/11/01

バックアップツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
バックアップにおける現在のトレンド
2
バックアップツールの基本機能
3
簡単バックアップ・リストアを行うための機能
1
バックアップツールの選び方
2
バックアップツール製品カタログ
1
バックアップツールシェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 ここでは富士キメラ総研が2004年6月に発刊した「2004 パッケージソリューション・マーケティング便覧」のデータを元に、現在のバックアップツールの国内市場シェア情報を紹介する。 バックアップツール

1 

バックアップツールシェア情報



1-1

バックアップ/リカバリツール市場概観


 バックアップ/リカバリ・ツールはこれまでUNIX系OS対応製品を中心に市場を拡大してきた。現在では基幹系システムにおけるWindowsの採用事例増加が市場拡大に貢献しているといえよう。
 サーバー上のデータ資産の管理に対する重要性は広く認識されている一方で、クライアント上のデータ資産管理への取り組みは遅れており、今後はクライアント向けデータバックアップ製品の需要が拡大することが予想される。
他方では、NAS・SANといったネットワークストレージの導入によるストレージ環境の複雑化に伴い、管理の効率化を図るべく、ストレージ管理ツールの導入も進められていくものと見られる。
 下記表以外のベンダーとしては、IBM、富士通、レガート(EMC)、バックボーン・ソフトウエアなどが挙げられる。
なお、本調査はWindows、UNIX、Linuxに対応した製品を対象としたものであり、メインフレームおよび独自OSなどに対応した製品は対象外となっている点に注意されたい。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップツール/バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップツール」関連の製品

ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール 【株式会社日立製作所、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】
統合運用管理 バックアップツール バックアップツール
ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋

バックアップツール」関連の特集


活用頻度を向上させる便利機能や管理者の負担を軽減する機能が搭載された文書管理ツール。“使われない…”…



重要データの消失、破損に“最後の切り札”となるべきデータ復元サービス業者。ただし、こんな業者には要注…



なぜバックアップが必要なのか。その理由は何かトラブルが発生したとしても業務を継続できることだ。ここに…


バックアップツール」関連のセミナー

【大阪開催】Nimbleと強力連携 Veeam9.5 最新機能紹介 【クライム】  

開催日 6月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大阪開催!仮想マシンのバックアップツールVeeam(ヴィーム)。ご存知の方も、そうでない方もVeeamの基本機能から最新機能まで余すことなくご紹介します。その中…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップツール/バックアップツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップツール/バックアップツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000974


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ