この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「バックアップツール 掲載日:2004/11/01

バックアップツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
バックアップにおける現在のトレンド
2
バックアップツールの基本機能
3
簡単バックアップ・リストアを行うための機能
1
バックアップツールの選び方
2
バックアップツール製品カタログ
1
バックアップツールシェア情報
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 バックアップツールは、日々の雑多な作業の中に埋もれがちだが非常に重要な作業である。ただし、障害が発生したときでないと、業務が報われることはない。バックアップを行っていても評価されにくいために、なるべくなら簡単な作業できちんとバックアップ作業を行いたいものだ。ここでは、バックアップツールを選ぶときにポイントとなる項目を見ていきながら、バックアップツールの製品群を見ていきたい。 バックアップツール

1 

バックアップツールの選び方



1-1

オプションの種類で選び分ける


 バックアップツールは、どの製品でも具現化している機能はそれほど変わらない。しかし、その機能が標準なのかオプションなのかは製品によってまちまちだ。SIベンダーなどでは、ユーザーが具現化したい機能を標準で持っているのか否かで製品を選ぶこともあるという。標準機能とオプション機能を自ら見極めて、製品選びをしてもらいたい。特にオプションとしては、メッセージング製品やデータベース製品へのエージェント提供機能などでも変わってくるため、自社のシステムにあわせて基本機能内で対応できる製品を選んでおけば、余分な費用をかけずに製品導入が可能となる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップツール/バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップツール」関連の製品

物理・仮想と複雑化するデータ保護環境、運用も見据えた最適化の方法とは 【arcserve Japan合同会社】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2018-RE 【ラネクシー】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
物理・仮想と複雑化するデータ保護環境、運用も見据えた最適化の方法とは 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

バックアップツール」関連の特集


運用管理面、冗長化構成、設置のしやすさetc…。「ブレードサーバ」導入時には、検討しなければならない…



必要なパフォーマンスを得るための要件とは!?ムダなデータをためこまない”重複排除機能”の効果を具体的…



データのバックアップはとても重要な事と位置づけられるべきものです。そんな作業を支援する心強い味方!バ…


バックアップツール」関連のセミナー

Cohesity Secondary Storage Day 2018 【ネットワールド】  

開催日 10月11日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ハイパーコンバージド型セカンダリストレージのリーダーである「Cohesity」がバックアップ/システム管理者のお悩みを一気に解決!「Cohesity」は、ネット…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップツール/バックアップツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップツール/バックアップツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000973


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ