第49回 BB接続で活躍!DHCPの機能と役割


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2004/11/10
 BB接続で活躍するDHCPの機能と役割

  今回は、IPv4におけるアドレス資源の枯渇問題を解決するCIDRをはじめ、IPアドレスの有効利用が可能になるDHCPについて詳しく見ていこう。またDHCPのベースになったプロトコルであるBOOTP、DHCPサーバーとクライアント間でIPパケットのやり取りを行うブロードキャストやグローバルIPアドレスについて説明する。さらに、プロバイダとのやり取りを実現するPPPoEや、IPパケットを各々のPCに振り分けるIPマスカレードなどについても理解していこう。 BB接続で活躍するDHCPの機能と役割


余分なIPアドレスを持たないDHCPとその仕組み

IPアドレスの枯渇対策
  現在一般的に利用されているIPv4のIPアドレスは32ビットで構成される値であり、表現できるアドレスは約43億である。現在世界の人口はおよそ64億人なので、人類はすでに1人1つのグローバルIPアドレスを持てないということになる。
  この問題を解決するために、IPv6という128ビットのIPアドレスを用いた新たなIP(Internet Protocol)が登場し、基幹ネットワークから徐々に普及しはじめている。だがこれとは別に、現状のIPアドレスをなるべく有効利用しようとする技術が数多く開発され、実際に利用されている。
  IPアドレスは、ネットワークを表現するネットワークアドレスとネットワーク内コンピュータを指し示すホストアドレスによって構成されているが、ネットワークアドレスとサブネットマスクの対によってIPアドレスを表現し、IPアドレスクラスという概念を取り払って、ネットワーク規模に準じた大きさのネットワークアドレスを表現するCIDR(Classless Inter-Domain Routing)という技術がある。これであれば、大きなアドレス空間を持つIPアドレスクラスを取得しながら利用しない、などの無駄を解消することができ、緻密な空間利用が可能になる。
  またこれ以外にも、IPアドレスを有効利用することが可能なDHCPという技術もある。今回はこれについて話を進めていこう。

ローカルIPアドレスとグローバルIPアドレス
  DHCPは、私たちユーザーがプロバイダを介してインターネット接続する際利用される技術であり、また企業内ネットワークなどローカルエリアでも用いられる技術である。ではまず、ローカルエリアにおけるDHCPについて見てみよう。
  LANにおいてIPプロトコルを用いる場合も、接続するコンピュータやPC1台1台には必ずIPアドレスを割り当てる必要がある。ただしLANのように閉ざされたネットワークでは、インターネットなど公のネットワークと異なり独自のIPネットワークの利用が許されている。ちなみにインターネットで用いるIPアドレスをグローバルIPアドレス(Global IP Address)、LANなどのローカルエリアで用いるIPアドレスをローカルIPアドレス(Local IP Address)と呼ぶ。
  つまり、数少ないグローバルIPアドレスをLAN内でも用いていては一気に空間が枯渇してしまうため、閉ざされたネットワーク内では自己責任におけるローカルなIPアドレスを利用しようという取り決めがあるわけだ。こうすれば企業がいくら大規模なLANを構築しても、数少ないグローバルIPアドレス空間を直接的に圧迫することはない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

DHCPの機能と役割/第49回 BB接続で活躍!DHCPの機能と役割」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DHCPの機能と役割」関連情報をランダムに表示しています。

DHCPの機能と役割」関連の特集


IPv4時代を乗り切るために不可欠な技術の数々を伝授!また、個別のIPアドレスが必要になるビデオ会議…



2年半にわたって続いてきた本講座も最終回。長足の進歩を遂げたネットワークは、今後いったいどうなってい…



日々の業務を担うシステムが外敵に狙われては一大事。社内ネットワークを外部の脅威から守るIPS、IDS…


「ルーター」関連の製品

SRXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】 UNIVERGE IXシリーズ 【NEC】 ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】
ルーター ルーター ルーター
Junos OSに統合型脅威管理(UTM)と不正侵入防御(IPS)、クラウド/モバイル時代に必須のアプリケーションの“見える化“機能を統合可能な次世代のサービス・ゲートウェイ。 各種VPN網に対応する高速アクセスルータ。OpenFlow 1.3.1に対応した「SDN Ready」製品であり、将来のSDNへの移行もスムーズ。 LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。

「ルーター」関連の特集


こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。このコラムでは、2015年4月に発行された、株式会社マ…



IPネットワークで使われる様々なアドレスの種類と、効率よい経路制御を実現する経路集約の技術を紹介。そ…



中堅・中小企業向けルータを取り巻く事情として挙げられる「二極化」ほか、4つのトレンドをご紹介!そのメ…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

DHCPの機能と役割/第49回 BB接続で活躍!DHCPの機能と役割」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DHCPの機能と役割/第49回 BB接続で活躍!DHCPの機能と役割」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000970


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ