第48回 IP電話の名前解決とDNSの仕組み


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 

掲載日:2004/10/27
 IP電話の番号解決とDNSの仕組み

  今回は、今や幅広く活用されているインターネットに必要不可欠なURLやドメイン名、IPアドレスのしくみについて知識を深めていこう。またドメイン名とIPアドレスを変換するDNSや、情報保持を行うDNSサーバー、ユーザーからの要求に応えて問題を解決するリゾルバなどについて解説する。さらにこれらの知識をふまえ、IP電話における電話番号とIPアドレスの関連をはじめ、IP電話を実現するSIPやプロシキサーバー、リダイレクトサーバー、ロケーションサーバーについても理解していきたい。 IP電話の番号解決とDNSの仕組み


URLドメインとIPアドレス

IPアドレスの役割
  今回は、URLやドメイン名、IPアドレスの関連について学んでいこう。すでに一般化しつつある知識ではあるが、これらを再認識するとともに、さらにIP電話とIPアドレスの関係について話を発展させていきたい。まずは、IPアドレスについてを再確認してみよう。URLやドメイン名はインターネットに不可欠なものだが、この裏で実質的な情報のやり取りを実現する、住所に相当するの情報がIPアドレスである。
  インターネットをはじめとするIPネットワーク、つまりIP(Internet Protocol)プロトコルを用いてやり取りするネットワークの情報は、そのすべてがパケットという単位に分割され、宛先や送信元などの住所が記されたIPヘッダーという情報が付加される。そしてこの中の住所に相当する情報がIPアドレス(Internet Protocol Address)というわけだ。
  なお、IPアドレスはIPv4において32ビットで構成される数値であり、私たちが普段用いる住所とは異なる。またこのままでは扱いにくいため、32ビットをそれぞれ8ビットずつ4分割にするとともに、その1つひとつの値を10進数で表現する。さらに4つの数値の境目にピリオド(.)を置くことで、“192.168.0.1”などといった形で表記する。
  またIPv6におけるIPアドレスは、128ビットで構成される。つまり、さらに桁数の多い数値となっているわけだ。

ドメイン名とは何か
  インターネットをはじめとするIPネットワークにおいて、IPアドレスは不可欠な情報である。しかし私たちが扱うことを考えた場合、数字の羅列はあまりにも覚えにくい。
  そこで、IPアドレスを人間にとって記憶しやすい名前に置き換えて管理する方法が考えられた。この名前をドメイン名(Domain Name)という。ドメイン名は“www.○○○.co.jp” などの形式で表現される。ピリオド(.)で区切られた各々は「ラベル」と呼ばれるが、ラベルは長さは63文字以内と決められており、ドメイン名全体の長さもピリオドを含めて255文字以内と規定されている。通常のドメイン名には英数字やハイフンが用いられるが、日本語を扱うことができるjpドメインも存在する。
  なお、ドメイン名の右端のラベルをトップレベルドメイン、その左隣を第2レベルドメイン、第3レベルドメインと呼ぶ。そしてこのレベルドメインにより、国コード、組織属性、組織名、ホスト名などを表現しているのである。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IP電話/第48回 IP電話の名前解決とDNSの仕組み」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP電話」関連情報をランダムに表示しています。

IP電話」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 TiFRONT‐セキュリティスイッチ 【パイオリンク】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
コールセンター/CTI ネットワークスイッチ バックアップツール
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 脅威や拡散を防止し、社内ネットワークの”見える化”を実現できるセキュリティスイッチ。既存のL2スイッチやフロアスイッチを置き換えるだけで導入が可能。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

IP電話」関連の特集


リーマンショック以降低調に推移した同市場。2012度、震災以降のBCP対策などを背景に堅調に推移する…



 現在、多くの企業では支社間との音声通信やデータ通信にVoIP(Voice over Interne…



スマートフォンの爆発的な普及と業務アプリのクラウド化によって多くの人の関心を引いているBYOD。そん…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

IP電話/第48回 IP電話の名前解決とDNSの仕組み」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IP電話/第48回 IP電話の名前解決とDNSの仕組み」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000931


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ