この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「SSL-VPN 掲載日:2004/09/27

SSL-VPN製品



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
IPsecとの違いに見るSSL-VPNの特徴
2
SSL-VPNの基本機能
3
SSL-VPNの最新動向
1
SSL-VPN導入のポイント
2
SSL-VPN製品カタログ
1
SSL-VPN製品 シェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 ここでは富士キメラ総研が2004年8月に発刊した「2004 コミュニケーション機器マーケティング調査総覧」のデータを元に、現在のSSL-VPN製品の国内市場シェア情報を紹介する。 SSL-VPN製品

1 

SSL-VPN製品 シェア情報


 SSL-VPNは2002年頃からエクストラネット向けを主体に製品が投入されていたが、2003年中盤よりIPsecを補完する存在としてリモートアクセス向けの導入が進み本格的に市場が立ち上がってきた。現在では、市場拡大を見込んだ参入プレイヤーの増加によって競争が激化すると共に、製品の高機能化あるいは低価格製品の投入が見られる。

 2002年度までは低価格製品が主体であったが、高価格製品の投入が相次いだ2003年度以降、数量面・金額面共に市場は急拡大している。また、ベンダーによって製品開発・価格差別化ポリシーが大きく異なることから、数量ベースでのシェアと金額ベースでのシェアが大きく異なることが、当該市場の大きな特徴といえる。

 当面は大企業ユーザーが主体となって市場が形成されていくものと見られるが、よりセキュアなリモートアクセス環境へのニーズを喚起することで、中小企業ユーザーにまで裾野を広げていくことになろう。



1-1

SSL-VPN製品シェア情報


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SSL-VPN/新機能続々!「SSL-VPN」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SSL-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

SSL-VPN」関連の製品

UTM・次世代ファイアウォール 「FortiGateシリーズ」 【ノックス】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 USBブート型シンクライアント 「IVEX Xexus」 【日本ナレッジ】
ファイアウォール 認証 シンクライアント
高度なセキュリティ脅威や標的型攻撃に対する高度な保護機能を提供するとともに、豊富な製品ラインアップをそろえた次世代ファイアウォール。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 USBキーを挿入するだけで既存PCをシンクライアント端末化。誰でも簡単にシンクライアント環境への接続が可能。既存PCを活用できるため、導入コストを大幅に削減できる。

SSL-VPN」関連の特集


構成変更の際の設定が大変…そんな問題を解決し、インターネットVPNのコストメリットを最大限に引き出す…



セキュリティ対策の基本である「認証」。そのレベル向上の手段として注目されているワンタイムパスワードを…



最近では、従来の用途だけでなく情報漏洩対策やフィッシング対策なども重要視されるようになってきているワ…


「その他通信サービス関連」関連の製品

J-ALERT対応一体型受信機 「JARS-2000」 【センチュリー・システムズ】
その他通信サービス関連
全国瞬時警報システム(Jアラート)に対応する衛星受信モデム/解析処理/アプリケーション一体型の受信装置。2016年度に消防庁が公表した要件を満たしている。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SSL-VPN/新機能続々!「SSL-VPN」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SSL-VPN/新機能続々!「SSL-VPN」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000910


IT・IT製品TOP > 通信サービス > その他通信サービス関連 > その他通信サービス関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ