この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「EAI 掲載日:2004/09/24

スグ解る!「EAI」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える新コーナー。今回ピックアップするのはEAI。例えばシステムのリプレースでは、全ての業務アプリケーションを一気にERPに移行するのではなく、自社開発のアプリケーションも残しつつ、共存させるケースが多い。この時、全てのアプリケーション同士を相互につなごうとすると、膨大なコストと時間がかかってしまう。そこでEAIを採用することで、手間やコストを抑えながらアプリケーション統合を実現できる。 スグ解る!「EAI」

EAIって?

 EAI(Enterprise Application Integration)とは、複数の業務アプリケーションを統合して、1つのシステムとして活用するための仕組みだ。1対1ではなく、多対多のアプリケーション統合を実現するために、多くのEAI製品で「ハブ&スポーク」という方式を採用している。これは、各アプリケーションの接続を「ハブ」というシステムに対して行ない、その中で各アプリケーションのデータ形式の違いを吸収するというものだ。概念的には、ハブを中心にして車輪のスポークのように複数のアプリケーションが放射線状に接続されるという形態になる。

EAIって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

EAI/スグ解る!「EAI」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

業務プロセスや実施状況を見える化 「DataSpider BPM」 【アプレッソ】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
BPM EAI EAI
業務全体の流れをモデル化し、管理・改善するためのBPMソフトウェア。対象業務のPDCAを繰り返すことで、効率性を評価し業務プロセスを改善。 膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。

EAI」関連の特集


スマートデバイスが増える中、社内の情報資産にアクセスできる環境整備が急務に。今こそ考えたいリモートア…



富士キメラ総研の調べによると2012年までに約5〜15%の市場成長率が見込まれているEAIツールのシ…



さて、最近では、EAIやWebアプリケーション、SOA、クラウドなどの技術の進歩を受けて、それらの課…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/スグ解る!「EAI」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/スグ解る!「EAI」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30000903


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ