この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「セキュリティアプライアンス 掲載日:2004/11/22

統合セキュリティアプライアンス



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
統合セキュリティアプライアンスの機能
2
統合セキュリティアプライアンスの導入メリット
1
統合セキュリティアプライアンスのチェックポイント
2
統合セキュリティアプライアンスカタログ
1
統合セキュリティアプライアンス市場動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 現在、企業のネットワーク環境を脅かすウイルスや不正アクセスなどが高度化/多様化しており、従来のファイアウオールだけでは、こうした外部からの脅威を防ぐことは難しくなってきている。そのためファイアウオールに加え、IDS/IPSなど複数のセキュリティ機器を導入している企業もあるが、そうなると今度は、そうした機器の管理に膨大な手間が発生し、管理者が忙殺されることになる。そこでさまざまなセキュリティ脅威に対処でき、複数の機能を一元的に管理できる統合セキュリティアプライアンスが登場した。今回は、この統合セキュリティアプライアンスの機能やメリットを紹介しよう。 統合セキュリティアプライアンス

1 

統合セキュリティアプライアンスの機能


 先ずは、統合セキュリティアプライアンスの特徴や、搭載しているさまざまな機能を見ていこう。



1-1

セキュリティアプライアンスとは


 統合セキュリティアプライアンスとは、ネットワークのゲートウエイに設置して、ウイルスや不正アクセスといった外部の脅威から企業のIT環境を守るためのアプライアンス機器だ。同様にゲートウエイに設置するアプライアンス機器としては、ファイアウオール/VPN(Virtual Private Network:仮想閉域網)装置があるが、統合セキュリティアプライアンスは、ファイアウオール/VPN機能だけではなく、他の複数のセキュリティ機能も搭載しているのが大きな特徴だ。
 この統合セキュリティアプライアンスの代表的な機能としては、下記の表1のようなものがある。今回は、これらの機能を搭載した製品を中心に紹介するが、URLフィルタリングやアンチスパムといった機能を搭載した製品も提供されている。


表1 統合セキュリティアプライアンスの代表的な機能
ファイアウオール
ネットワークを流れるトラフィックをを監視し、正しい通信であることが確認してからポートを開け、通信が終わるとポートを閉める。
VPN インターネット網などの上に、暗号化技術を利用して仮想的なWAN環境を構築する。なお、暗号化のプロトコルにはIPSecなどが利用されている。
IDS/IPS IDS(Intrusion Detection System:侵入検知システム)は、ネットワーク上のパケットやコンピュータ内部の不正な動きを検知し、システム管理者に警告を発する。
IPS(Intrusion Prevention System:侵入防御システム)は、攻撃の検知に加え、通信を遮断することも可能。
アンチウイルス ウイルスに感染したファイルを検知し、駆除を実施するなどの対応を行なう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セキュリティアプライアンス/セキュリティアプライアンス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティアプライアンス」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティアプライアンス」関連の製品

セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】 Web Security Gateway(旧 Web Filter) 【バラクーダネットワークスジャパン】 Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】
その他ネットワークセキュリティ関連 フィルタリング ADC/ロードバランサ
既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。 コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。 トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。

セキュリティアプライアンス」関連の特集


2009年度の出荷金額が、前年比10.0%増の約50億円となった「無線LANアクセスポイント」市場。…



「メールセキュリティアプライアンス」・・・いざ導入する際の必須検討項目とは!?運用体制・利用環境・コ…



「UTM」とは「統合脅威管理」の意。単にUTMアプライアンスを設置しただけでは、統合的に脅威への対策…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティアプライアンス/セキュリティアプライアンス」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティアプライアンス/セキュリティアプライアンス」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000896


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ