この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「文書管理ツール 掲載日:2004/12/20

文書管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
文書管理ツールが求められる理由
2
文書管理ツール×複合機の注目機能
1
文書管理ツールのチェックポイント
2
文書管理ツール製品カタログ
1
文書管理ツールユーザーの声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 ここでは、複合機と連携する文書管理ツールを導入する際のチェックポイントを解説する。文書管理ツールの効果は、社内で文書を共有することにより、生み出されるものであり、文書管理ツールの導入を成功に導くためには、それを利用するメンバー全員の協力が必要になる。例えば文書のカテゴリ分類ルールを定めても、それを守らないメンバーがいれば、文書管理ツール本来の意味が無くなってしまう。いかに社内の協力を得られるかということも、1つの重要なポイントだろう。 文書管理ツール

1 

文書管理ツールのチェックポイント



1-1

運用ルールを策定


 文書管理ツールを導入しても、エンドユーザーが登録すべきカテゴリを設定しないまま文書を登録し、どこに何があるのか探し難い状態に陥ってしまうというケースがある。これでは高度な管理機能を持った文書管理ツールも、乱雑にデータが蓄積されたファイルサーバーと変わりなく、文書管理ツールへの投資が全く無駄なものになってしまう。このような状況を避けるために、運用時のルールを定め、社内に周知させる必要がある。
 ただし、メールや社内掲示などで運用ルールを周知し、その後は各社員の自主性に任せるだけでは、文書管理ツールを導入したことを知らせることはできても、1人1人に確実に運用ルールを守らせることは難しいと思われる。運用ルールの必要性を充分に説明した上で、ある程度強制力を持ってトップダウンで進めるべきだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

文書管理ツール/知恵は宝!文書管理ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理ツール」関連の製品

ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】
文書管理
企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。

文書管理ツール」関連の特集


昨今、相次いで発生している不正事件…。多くの企業が不正事件を未然に防ぐため、コンプライアンス、内部統…



雇用の流動化が進むにつれ、ITの現場ではノウハウが継承されないという問題が発生しています…。うまく活…



多様化するワークスタイルに対応するための機能強化が進むグループウェア。今回はその最新事情をご紹介しま…


「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 文書管理ソリューション 「MyQuick」 【インフォコム】 最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革” 【アドビ システムズ 株式会社】
文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 企業内のドキュメント情報を一元集約化し、いつでもどこでも必要な文書の検索を可能にするドキュメント管理システム。ファイル暗号化により、情報漏洩対策も万全。 最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革”

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理ツール/知恵は宝!文書管理ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理ツール/知恵は宝!文書管理ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000890


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ