この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 運用コストを減らすワザ50(基礎) 掲載日:2004/12/17
 IPセントレックス

 従来の企業の電話システムを一新するアウトソーシングサービスとして大きくクローズアップされたIPセントレックスだが、その後の普及状況は当初のイメージとは打って変わり、従来からのPBXを利用した内線通話システムを残しながらIP化を進めるいわば「併用型」が多くの企業に受け入れられている。現実的な投資コストと削減可能なコストとのバランスを考慮した結果とみられるこの状況の背景を紹介しつつ、利用状況の変化やサービスの重点の移り変わりを見てみよう。応用編ではその中でコスト効果を最適にするための方策を考えていく。 IPセントレックスイメージ



まずはおさらい「IPセントレックス」とは
 IPセントレックスは「IP電話」の一形態である。「IP電話」という用語の広義の定義は、電話による通信の仕組みの全部または一部でIPを利用すること、というようになるのだろうが、サービスベンダーやメディアがさまざまな意味で使っているため、わかりにくい用語になってしまった。次の3つに分けて考えるとよいだろう。

[1] インターネットIP電話
 主にブロードバンドサービスのユーザー対象にISPが提供している音声通話機能で、VoIP機能のついた専用ルーターにより通話をIP化してインターネットに送る。廉価な定額制で、従来の電話番号がそのまま利用できるサービスもある。

[2] 企業拠点間通話用のIP電話
 企業の拠点内および拠点間で無料の内線通話を実現するためにIP-VPNや広域イーサなどのWANを利用し通話をIP化して通信する。次の2つの方法がある。

[2-1] IP-PBXを拠点に設置して、拠点の電話をIP化して内線通話を可能にする。拠点間の通信はルーターを介してWANに接続して行なう。外線はゲートウエイを介して加入電話回線網に接続する。

[2-2] VoIPゲートウエイを各拠点に設置して、拠点内では従来のPBXによる内線機能を使い、他拠点への通話はゲートウエイでIP化してWANを通す。外線通話はPBXから行なう。

[3] 内線と拠点間通話、外線用のIPセントレックス
 IP-PBX機能をキャリアやISPのサービスとして提供しているのがIPセントレックスだ。上記 [2-1] の場合でIP-PBX(あるいはSIPサーバー)を1拠点に設置して処理を集中する方式をとることをIPセントレックスの一形態(企業内IPセントレックス)とすることもあるが、ここではネットワーク側がサービスとして提供するものについてIPセントレックスと呼ぶことにする。[2] との大きな違いは、IP-PBX機能を自社で運用・保守・管理するのか、外部に担当させるのかという点である。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IPセントレックス/「IPセントレックス」の今を探る!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPセントレックス」関連情報をランダムに表示しています。

IPセントレックス」関連の特集


インターネット回線上で音声通信を行う「IP電話機」の仕組みや種類を簡単アニメで紹介!サクッとおさらい…



現在の企業では、1人1台の固定電話に加え、社員に携帯電話も支給するケースが少なくない。この場合、1人…



コストが魅力なIP電話には一般の電話に比べて音声品質が劣るといった弱点が。回避法とIP電話を支えるV…


「IP電話」関連の特集


警察庁発表の調査データから、盗聴被害の現状を報告。さらに、IP電話に欠かせないSIPを狙った攻撃手法…



日本で約420万人に利用されているSkype。セキュリティの点で企業ユースでは敬遠されがちですが、実…



総務省発表の電気通信サービス契約数でも、すでに830万件に達しているIP電話。SIPサーバーを含めた…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

IPセントレックス/「IPセントレックス」の今を探る!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IPセントレックス/「IPセントレックス」の今を探る!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000887


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ