この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「IP-VPN 掲載日:2004/12/06

IP-VPN



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
整理して考えようIP-VPN
2
IP-VPN最新動向
1
IP-VPN導入時のチェックポイント
2
IP-VPN製品カタログ
1
IP-VPNシェア情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ネットワークコスト削減をめざして導入が進んだIP-VPN。すでに成熟しこなれた技術とも言われるが、広域イーサネットやインターネットVPN、SSL-VPNが台頭しビジネスネットワークの有力な選択肢になるにつれ、本来のメリットが見えにくくなってきてもいる。今回は、他の新型WAN方式との違いや、相互接続・使い分けによるメリット、さらに最新動向を含め、導入に際して注意すべきポイントを紹介していく。 IP-VPN

1 

整理して考えようIP-VPN



1-1

IP-VPN登場の経緯


 VPNの基本的なメリットは、キャリアが持つ高速大容量の基幹回線と設備を多数のユーザーでシェアすることによる低コスト化である。VPN登場以前は専用線を拠点間で結び(もちろんケーブルだけでなくキャリアの設備を利用するのだが)、ある拠点からある拠点までの専用の通信サービスを導入するしかなかった。距離に比例するコストがかかる専用線では、遠距離に拠点が散在する企業ほどネットワークコストが大きくなる。


【キャリア網の共用でまずコストダウン(セルリレー/フレームリレー)】

 そこで登場したのがセルリレーやフレームリレー回線である。これはキャリア保有の全国的に広がるネットワークを、複数のユーザーが共用し、それぞれがポイントツーポイントのVC(Virtual Circuit)と呼ばれるパスを通すことによってユーザー同士を分離しながら通信する仕組みになっている。ユーザーの各拠点はそれぞれ地域のキャリア網アクセスポイントに接続すればよく、お互いに直接接続せずに済む。長距離専用線が短距離で済むようになり、かつ共用の効果で利用料金が低減する。


【多拠点フルメッシュ接続がIP-VPNで低コスト化】

 しかし、上述の方法では本社・支社+支社・支社間の接続も行うときは高コストだ。本社と各支社間、支社と支社間のそれぞれに接続しなければならない(フルメッシュ型接続)ので、拠点が増えれば増えるほど回線コストがかかるうえに拠点間それぞれのパスを設定するコストがかかる。
 このフルメッシュ型WANを低コストで実現する切り札として登場したのがIP-VPNだった。ユーザー側のルーターと網をアクセス回線でつなげばフルメッシュ型の相互接続が完成するIP-VPNは、多拠点を展開する企業におおいに歓迎されたのだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IP-VPN/成熟期へ突入!IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

IP-VPN」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】 Clovernet Standard 【NECネクサソリューションズ】
認証 IP-VPN インターネットVPN
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。 専用線と同等水準の信頼性を確保しながら、バックボーンに公衆網を利用、優れたコストパフォーマンスを実現したインターネットVPNサービス。

IP-VPN」関連の特集


IT担当者574人に「インターネットVPNに関するアンケート」を実施!利用用途や選定時の重要ポイント…



2009年度の市場が、数量で28万400回線、前年比6.9%増だった「広域イーサネットサービス」。同…



地理的に離れた複数の拠点を結ぶWANの構築には、これまで専用線やフレームリレーなどが使われてきた。し…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IP-VPN/成熟期へ突入!IP-VPN」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IP-VPN/成熟期へ突入!IP-VPN」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000880


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ