この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「IP-PBX 掲載日:2004/11/08

IP-PBX



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
PBXのIP化戦略
2
IP-PBXがわかった
1
IP-PBXの選び方
2
製品カタログ
1
IP-PBXシェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 ここでは富士キメラ総研が2004年8月に発刊した「2004 コミュニケーション機器マーケティング調査総覧」のデータを元に、現在のIP-PBXの国内市場シェア情報を紹介する。 IP-PBX

1 

IP-PBXシェア情報



1-1

IP-PBX市場概観


 IP-PBX市場は2001年から2002年にかけて市場を急拡大させた後、2003年に参入企業の増加に伴うシェア変動を経て、安定した成長期を迎えつつある。
 これまでは、事業所の移転や統廃合、ネットワーク投資計画のタイミングに合致した企業などがフルIP化での導入を果たしてきた。その一方で、QoS実現に向けたネットワーク再構築がコスト面で折り合わず、レガシーPBXとして利用されているケースも相当量含まれている。
 今後もコスト削減メリットを重視した導入が中心になっていくものと見られるが、ユーザ企業の意識は徐々にアプリケーション連携による生産性向上や業務効率化へと向かいつつある。これらアプリケーション連携を視野に入れた導入事例が増加するに従い、サーバタイプおよびソフトスイッチタイプの製品、SIP対応製品に対する需要も高まっていく公算が大きい。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IP-PBX/もはや電話を超えた!IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

IP-PBX」関連の製品

トラスティルグループの事例から、在宅勤務実現のヒントを探る 【NTTコミュニケーションズ】 低コストで始められる「スマートフォン内線化」の仕組みとは―― 【NTTコミュニケーションズ】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】
IP-PBX IP-PBX コールセンター/CTI
在宅勤務制度を自社にどう取り入れるか悩む企業は多い。新たな取り組みゆえに対応すべきことも多岐にわたる。そこで参考になるのが、ある士業グループの取り組みだ。 担当者が外出中で電話対応できないなど、知らぬ間に陥っている機会損失をクラウド型サービスとスマートフォンの活用で解消する方法がある――ビジネスフォンのアプリ化だ。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。

IP-PBX」関連の特集


警察庁発表の調査データから、盗聴被害の現状を報告。さらに、IP電話に欠かせないSIPを狙った攻撃手法…



「よく知ってる」・・という人も必見!コンタクトセンタに必須な「CTI」の基礎から最新事情までをたっぷ…



顧客満足度を上げるためCTIのニーズは右肩あがりに増えています!今回は基本機能と中小規模CTIの上手…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IP-PBX/もはや電話を超えた!IP-PBX」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IP-PBX/もはや電話を超えた!IP-PBX」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000871


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ