この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「メール暗号化ツール 掲載日:2004/09/06

メール暗号化ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
メール暗号化ツールの現状
2
メール暗号の仕組みとは?
3
手間いらず!メール暗号化ツールの基礎知識
1
製品選びのポイント
2
製品カタログ
1
暗号化ツール シェア表
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 メール暗号の仕組みの基本的なものを紹介した上で、今度は製品の選び方に目を向けてみよう。メールは企業における情報伝達のインフラとなっているものなので、メール暗号の仕組みを導入するには社内インフラの再構築やユーザー教育が欠かせないものとなる。そのあたりにも注意しながら、製品を検討してもらいたい。あわせて製品カタログも紹介する。 メール暗号化ツール

1 

製品選びのポイント



1-1

どこで暗号化させるのか


 メール暗号化製品の場合、基礎編でも紹介したとおり、どこで暗号化する製品を選ぶのかをまずは考えよう。非常にセキュアな環境が提供されるクライアントタイプでは、鍵管理やソフトウエアのバージョンアップなどに手間がかかってしまうことになる。また、ゲートウエイタイプでは、鍵管理が一箇所で管理でき、クライアント側に運用の負荷をかけることはないが、メールサーバーのDNS設定を変更したり、サーバー側のシステムをダウンさせない新たな設備投資が必要となってきてしまう。さらには、メール暗号の仕組みをASPサービスとして提供しているところもあるが、その場合は、サーバーそのものの運用管理がまったく必要なくなる反面、ASPまで専用線やVPNでつなげないとセキュアな環境が保てなくなってしまう。すべての方法に一長一短がある。どんなタイプの製品を選ぶのかは、自社のセキュリティポリシーに照らし合わせて選択していく必要がある。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メール暗号化ツール/メール暗号化ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール暗号化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

メール暗号化ツール」関連の特集


スパム対策やフィルタリングはばっちり、でも誤送信対策はどうする?新たな脅威に備えるための“メールイン…



暗号化の仕組みは?鍵の強度は?復号の方法は?「メール暗号化ツール」の仕組みと導入メリットを詳し〜く解…



情報漏洩事件が相次いで発生し、企業における情報セキュリティの高まりとともに検討が進む暗号化。その中で…


「暗号化」関連の製品

企業のセキュリティとコンプライアンスを守る、暗号化基盤の最前線に迫る 【ジェムアルト】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】
暗号化 暗号化 暗号化
企業のセキュリティとコンプライアンスを守る、暗号化基盤の最前線に迫る 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。

「暗号化」関連の特集


暗号化として馴染みのあるRSAのアルゴリズムから、標準技術「AES」、情報の漏洩を物理的に感知する「…



情報セキュリティの基礎である暗号化と認証。その種類や特徴を一挙解説!シーザーにエニグマ、薩摩弁暗号ま…



 「暗号」と「2010年」の2つのキーワードから連想するものと言えば、「暗号の2010年問題」であろ…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール暗号化ツール/メール暗号化ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール暗号化ツール/メール暗号化ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000834


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ