第42回 0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2004/07/28
 0と1のデジタル世界へ! ビデオ会議

  前回の「ビットの正体を探る! IA-64サーバー」ではデジタル通信の基礎を学んだが、今回はアナログ通信との違いを整理し、それぞれのサービスの実例を見てみよう。また、両者を変換する符号化・復号化技術についてパルス符号変調技術や音声・映像圧縮符号化方式を中心に詳しく学ぶ。そして、これらの技術を用いた代表例であるビデオ会議システムの構成と仕組みをMCUやH.323をキーワードに解説する。 0と1のデジタル世界へ! ビデオ会議


アナログ通信とデジタル通信の違い

アナログとデジタルの相違点
  前回の「ビットの正体を探る! IA-64サーバー」では、デジタル通信への入門知識として、ビットについて学んでいただいた。今回はこれを踏まえ、デジタルの概念について見ていくことにしたい。そもそもデジタルとは、何であろうか。これについては、アナログと対比してご理解いただくのが最も分かりやすいと思う。
  アナログとは、電流や電圧など連続的に変化する物理量を形容する言葉と定義づけられる。少し難しい表現だが、これを生活に密着して考えてみると、イメージしやすい。例えば、カラオケで熱唱するみなさんの歌の音程をグラフに表示することをイメージしていただきたい。歌によっても異なるが、音程は常に変動するため、ちょうど山波のようなラインが描かれるだろう。これらの動きは、連続的に変動していく情報であるため、1つ2つと数えることはしないが、その断片自体は、ある時点の音程として意味を持つはずである。このような連続量(continuous quantity)的な情報のことをアナログ(analog)と呼ぶ。
  一方、デジタルとは、難しい言葉を用いるならば離散量(discrete quantity)的な情報ということができる。デジタル(digital)とは、時間的に不連続なデータであり、よってその断片自体は、データの1つの要素としての意味しか持たない。また、デジタルの場合、連続的に値が変動するのではなく、一定の値のみで表現される。例えば、小学校での理科の実験のごとく、豆電球、電池、スイッチを配線し、スイッチを入れたり切ったりすることにより、豆電球を点滅させる回路を作成し、これをある店の営業中であるか否かのサインに用いたとしよう。この場合、そこには店の「Open」「Close」という2つの状態が存在することになるが、「Open」状態における電流量自体は、情報としての意味をなさない。デジタルでは、不連続な情報を、“0”ないし“1”というデータとして認識することにのみ意味がある。


「図42-1」アナログとデジタル

「図42-1」アナログとデジタル

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ビデオ会議/第42回 0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

ビデオ会議」関連の製品

拠点間コミュニケーションを活性化させる、最新のビデオ会議システムの実力とは 【KDDI】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】 ケーススタディーで探る最新ビデオ会議の「価値」とは 【ポリコムジャパン】
テレビ会議/ビデオ会議 Web会議 テレビ会議/ビデオ会議
拠点間コミュニケーションを活性化させる、最新のビデオ会議システムの実力とは マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。 PCやタブレットで簡単に使えるビデオ会議が広く普及し、外出先や在宅での勤務(テレワーク)が身近になりつつある。その中で企業が考えるべきビデオ会議とは何か。

ビデオ会議」関連の特集


映像と音声によって遠隔地同士を結び、打ち合せや会議を可能にする遠隔会議システム。新たな規格「WebR…



出張費などのコスト削減需要を受けて拡大傾向にあるWeb会議。対2007年比10.2%増となったWeb…



出張費の削減やパンデミック対策に有効なWeb会議システム。でも数多くある製品群からの選択は至難のワザ…


ビデオ会議」関連のセミナー

従来比1/3のコストで導入できるテレビ会議システム体験セミナー 【ブイキューブ】  

開催日 11月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

これまで「テレビ会議」と「Web会議」は、コミュニケーションの目的に合わせて使い分けられてきました。「Web会議」のクラウドサービス市場でNo.1※のシェアを占…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

ビデオ会議/第42回 0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビデオ会議/第42回 0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000801


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ