第40回 グループウエアでのピアツーピア


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2004/06/30
 グループウエアでのピアツーピア

  インターネットの普及により、今やPCはひとり1台という時代になってきた。このような状況の中で、特化したサービスを提供するC/S(クライアントサーバー)コンピューティングというものが急速に普及してきている。今回はその基本概念と仕組み、C/Sコンピューティングと並んで意外な発展を果たしたP2P(ピアツーピア)コンピューティング、P2Pコンピューティングを利用したグループウエアなどについて考察していきたい。 グループウエアでのピアツーピア


C/Sコンピューティング

C/Sコンピューティングとは
  本講座では、C/SコンピューティングとP2Pコンピューティング、さらにはP2Pを用いたグループウエアなどについて学んでいく。まずはC/Sコンピューティングについて見ていこう。
  C/Sコンピューティングとしてしまうと、あまり馴染みのない言葉であるように感じるかもしれない。しかし、「クライアント/サーバー コンピューティング」という言葉ならば、耳にされたことのある方も多いだろう。
  C/Sコンピューティング(Client/Server Computing)とは、クライアントとサーバーという2つの異なる立場のもの同士がやり取りすることによって成り立つコンピューティングシステムをいう。
  サーバー(Server)とは、サービスを提供する立場のコンピュータ、もしくはソフトウエアであり、クライアント(Client)とは、サービスを受ける側のコンピュータ、もしくはソフトウエアをいう。例えるならば、店を構えてサービスを提供する業者がサーバー、その店を訪れてサービスを受けたり物を購入したりする消費者がクライアントということになる。

C/Sコンピューティングの普及
  「店」としてみなさんがイメージされるのはどのような店舗だろうか。書店、クリーニング店、文房具店、食料品店、衣料品店など多種多様な店舗が存在するが、これらはそれぞれ特化したサービスを提供している。また、スーパーやデパートなどの大型店では、あらゆるものを扱うが、これも、「あらゆるものを扱う」ということ自体を特化したサービスとして提供していることになる。
  C/Sコンピューティングにおけるサーバーも同様に、特化したサービスを提供するさまざまなものが存在する。ところが、これらすべてを1台のPCで実現しようとすると、多大な負荷がかかるうえ、扱うデータも容易に共有することができない。このため、特化した業務は、それぞれのサーバーとして分離して処理させることで、処理の分散化を図ろうとするコンピューティングが登場した。また、扱う情報を1ヵ所にまとめることで、多くのユーザーがこれを共有することも可能となる。さらに、コンピュータ同士がLANなどのネットワークで相互接続されていれば、C/Sコンピューティングを実現するのは、さほど困難な話ではない。このためC/Sコンピューティングは、コンピュータネットワークの発展とともに、急速に普及することとなった。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウエアでのP2P/第40回 グループウエアでのピアツーピア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウエアでのP2P」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

ミスなく楽に情報共有を、コラボレーションツール比較で分かる4つの重要機能 【Box Japan】 「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】
グループウェア グループウェア グループウェア
ミスなく楽に情報共有を、コラボレーションツール比較で分かる4つの重要機能 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。

「グループウェア」関連の特集


 前回までに情報共有を阻害する「3つの壁」、そしてその壁の要因としての「不公平感」、更に不公平感を打…



数ある中から慎重に比較し、自社に適した製品を検討したのに「利用してみたら意外と使いにくかった」という…



種類も目的も多様なコラボレーションツールの中から自社業務に最適なものを選んで導入するのは大変そう………


「グループウェア」関連のセミナー

LINE WORKS オンラインセミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 5月7日(月)〜5月8日(火),5月23日(水)〜5月24日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

企業利用で必要な、チャットログ収集、組織アドレス帳、組織掲示板などが含まれる ビジネスコミュニケーションツールです。第1日:基本編第2日:拡張編<LINE WO…

使えるOffice 365活用事例SharePointでの文書管理のコツ 【ディスカバリーズ】  

開催日 6月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

会社の大切な資産である情報。特に「文書」はそのうちの多くを占め、会社の成長と共に蓄積されていきます。・この蓄積された文書は、社員が「必要な時」に「正しい文書」を…

Office 365【中級者向け 無料ハンズオンセミナー】 【カコムス】  

開催日 6月22日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ご好評いただいていますOffice 365/SharePoint/Azureハンズオンセミナーが2018年4月よりMicrosoftゼミナールにリニューアル!更…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

グループウエアでのP2P/第40回 グループウエアでのピアツーピア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウエアでのP2P/第40回 グループウエアでのピアツーピア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000792


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ