第40回 グループウエアでのピアツーピア


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2004/06/30
 グループウエアでのピアツーピア

  インターネットの普及により、今やPCはひとり1台という時代になってきた。このような状況の中で、特化したサービスを提供するC/S(クライアントサーバー)コンピューティングというものが急速に普及してきている。今回はその基本概念と仕組み、C/Sコンピューティングと並んで意外な発展を果たしたP2P(ピアツーピア)コンピューティング、P2Pコンピューティングを利用したグループウエアなどについて考察していきたい。 グループウエアでのピアツーピア


C/Sコンピューティング

C/Sコンピューティングとは
  本講座では、C/SコンピューティングとP2Pコンピューティング、さらにはP2Pを用いたグループウエアなどについて学んでいく。まずはC/Sコンピューティングについて見ていこう。
  C/Sコンピューティングとしてしまうと、あまり馴染みのない言葉であるように感じるかもしれない。しかし、「クライアント/サーバー コンピューティング」という言葉ならば、耳にされたことのある方も多いだろう。
  C/Sコンピューティング(Client/Server Computing)とは、クライアントとサーバーという2つの異なる立場のもの同士がやり取りすることによって成り立つコンピューティングシステムをいう。
  サーバー(Server)とは、サービスを提供する立場のコンピュータ、もしくはソフトウエアであり、クライアント(Client)とは、サービスを受ける側のコンピュータ、もしくはソフトウエアをいう。例えるならば、店を構えてサービスを提供する業者がサーバー、その店を訪れてサービスを受けたり物を購入したりする消費者がクライアントということになる。

C/Sコンピューティングの普及
  「店」としてみなさんがイメージされるのはどのような店舗だろうか。書店、クリーニング店、文房具店、食料品店、衣料品店など多種多様な店舗が存在するが、これらはそれぞれ特化したサービスを提供している。また、スーパーやデパートなどの大型店では、あらゆるものを扱うが、これも、「あらゆるものを扱う」ということ自体を特化したサービスとして提供していることになる。
  C/Sコンピューティングにおけるサーバーも同様に、特化したサービスを提供するさまざまなものが存在する。ところが、これらすべてを1台のPCで実現しようとすると、多大な負荷がかかるうえ、扱うデータも容易に共有することができない。このため、特化した業務は、それぞれのサーバーとして分離して処理させることで、処理の分散化を図ろうとするコンピューティングが登場した。また、扱う情報を1ヵ所にまとめることで、多くのユーザーがこれを共有することも可能となる。さらに、コンピュータ同士がLANなどのネットワークで相互接続されていれば、C/Sコンピューティングを実現するのは、さほど困難な話ではない。このためC/Sコンピューティングは、コンピュータネットワークの発展とともに、急速に普及することとなった。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウエアでのP2P/第40回 グループウエアでのピアツーピア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウエアでのP2P」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア グループウェア グループウェア
システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。

「グループウェア」関連の特集


 前回は、弊社が実際に「Google Apps」を使ってみた結果、営業組織にもたらしたインパクトにつ…



「これが空気清浄機?」驚くようなコンパクトボディとどんな空間でも馴染むデザイン、追求した機能性―。2…



グループウェアの機能が優れたものであっても、実務でメンバーに業務効率が上がったことを実感してもらえな…


「グループウェア」関連のセミナー

【7/26東京開催】グループウェア移行検討セミナー 【サイボウズ】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

グループウェアは、かつてのスケジュール管理、会議室予約、全社掲示板といった情報共有ツールから、スムーズな業務進行のためのコミュニケーション基盤や人材育成を手助け…

デスクネッツネオ 他社グループウェアとの比較体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:ウイズシステム】 注目 

開催日 7月25日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

満足度No.1グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」のポイントを、他社提供のグループウェアと比較をしながらご紹介するセミナーです。1社…

Office 365 社内ポータル成功の秘訣とは? 【ディスカバリーズ】  

開催日 7月13日(木),7月24日(月),8月8日(火),8月23日(水),9月5日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

・Office 365 を導入したものの、社内ポータルサイトの活用がなかなか進まない・社内ポータルサイトのアクセス状況など、ユーザの活用度を測りたい・社内ポータ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

グループウエアでのP2P/第40回 グループウエアでのピアツーピア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウエアでのP2P/第40回 グループウエアでのピアツーピア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000792


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ