第39回 何が違う?新旧暗号方式DESとAES


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2004/06/16
 何が違う?新旧暗号方式DESとAES

  インターネットなどコンピュータネットワークの普及により、あらゆる情報を手軽にやり取りできるようになったが、その一方で情報や秘密の漏洩などのリスクも伴う。そのようなリスクを避けるために、情報を暗号化して送信する技術がある。今回は基本的な共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の知識をもとに、DES、トリプルDES、AESなどの種類がある共通鍵暗号方式にスポットを当てていく。特に最新のAESについては、Rijndael(ラインダール)方式やSPN型ブロック暗号などについて詳しくふれる。 何が違う?新旧暗号方式DESとAES


データ暗号化の種類と必要性

暗号化のメリットとは何か
  今回の講座では、暗号化方式の話題を中心として、その種類や、現在いろいろな場面で用いられているDES、さらには徐々に普及し始めているDESに継ぐ暗号化方式、AESについて学んでいこう。
  そもそも暗号化とは何であり、またそのメリットとはどのようなものなのであろうか。これを簡単に理解するには、誰にも知られたくない情報を、特定の相手とやり取りする場面を想定すれば分かりやすい。例えば、A子さんとB雄君が交換日記をやり取りする場合をイメージしていただきたい。その場合2人は、日記帳を第三者に見られないように、鍵のついたものを用いるだろう。2人は共通の鍵を持つことで、ほかの人に見られないように日記のやり取りができるようになる。
  コンピュータネットワークを介して情報をやり取りする場合も同様に、ネットワーク内の悪意ある第三者によって情報が盗聴されるのを防止する策がある。これが暗号化ということである。やり取りする情報(これを平文(plaintext)と呼ぶ)を暗号化して送信すれば、途中でこれを見られたとしても、内容が漏洩する可能性は限りなく低いものとなる。また、送信先では、届いた情報を復号化し、もとに戻すことで、問題なくこれを読み取ることができる。このように暗号化(encryption)は、安全な通信環境を実現するために不可欠な技術だといえる。
  なお、暗号化方式には、大別して共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式が存在する。まずは、これらについて簡単に見ていくことにしよう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

DESとAES/第39回 何が違う?新旧暗号方式DESとAES」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DESとAES」関連情報をランダムに表示しています。

DESとAES」関連の特集


情報漏洩事件が相次いで発生し、企業における情報セキュリティの高まりとともに検討が進む暗号化。その中で…



無線LANの不安要素である「セキュリティ」対策。今回は無線LANのセキュリティに焦点を当てながら、無…


「暗号化」関連の製品

SSLサーバ証明書導入のための「5つのキホン」 【シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 PC/メディア/共有フォルダの暗号化 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化
SSLサーバ証明書導入のための「5つのキホン」 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。

「暗号化」関連の特集


情報漏洩事件が相次いで発生し、企業における情報セキュリティの高まりとともに検討が進む暗号化。その中で…



情報セキュリティの基礎である暗号化と認証。その種類や特徴を一挙解説!シーザーにエニグマ、薩摩弁暗号ま…



古代ローマのシーザー暗号や電気機械式の暗号マシン「エニグマ」など、今日のセキュリティを支える暗号化技…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

DESとAES/第39回 何が違う?新旧暗号方式DESとAES」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DESとAES/第39回 何が違う?新旧暗号方式DESとAES」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000786


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ