この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「ブロードバンドルーター 掲載日:2004/09/21

ブロードバンドルーター



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
市場動向とルーターの種類
2
ブロードバンドルーターの基本機能
3
ブロードバンドルーターの注目機能イロイロ
1
失敗しないブロードバンドルーターの選び方
2
製品カタログ
1
ブロードバンドルーター シェア情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ブロードバンドの急速な普及に伴い、広く使われるようになったブロードバンドルーター。スループットの向上や付加機能の搭載など、高速化/高機能化とともに、低価格化も進んでいる。本来は家庭向けの製品であるため、企業ユースには足りない部分もあるが、このコストの低さは企業ユーザーにとっても魅力的だ。そこで今回は、ブロードバンド市場の動向や、注目の新機能などに焦点を当てて解説しよう。 ブロードバンドルーター

1 

市場動向とルーターの種類


 まず最初に、ブロードバンドの製品動向、市場動向の解説に加え、そもそもルーターにはどのような種類があるのかおさらいしよう。



1-1

ブロードバンドルーターの製品動向、市場動向


【無線LAN対応製品が人気】

 ADSLやFTTHといったブロードバンドの普及の勢いは、留まることを知らない。総務省が2004年7月に発表した「情報通信に関する現状報告」によれば、2002年末には 945万契約だったブロードバンドの契約数が、2003年末では1500万契約を突破したという。それに加え、PCの低価格化も進み、1家庭に2台、3台のPCを所有することも珍しくなくなった。
 そうなると、1つのブロードバンド回線を使って、複数のPCからインターネットにアクセスしたいというニーズが高まるのは当然だろう。そこで注目されるのが、主に一般家庭でブロードバンド接続を共有することを目的としたブロードバンドルーターだ。その中でも現在は、無線LAN対応の製品に人気が集まっている。家庭内にケーブルを張り巡らすのは考えただけでも煩わしいが、無線LANならそのような手間は必要ないからだ。そのため最近は、有線のみの製品よりも無線LAN対応製品の方が圧倒的に多く、ブロードバンドルーターの無線LAN対応は、半ば常識といった状況だ。


【企業での導入も進んでいる】

 こうしたブロードバンドルーターは最近では、企業への導入も増えている。先ず、SOHOや小規模な企業、数人から2、30人程度の拠点でのインターネット接続という本来の用途がある。それに加え、従来の部門向けルーターの代替として、ブロードバンドルーターを利用している例もあるという。また、VPN機能を持ったブロードバンドルーターを導入して複数拠点を結ぶWANをインターネット上に構築している企業もある。
 このように企業が従来の部門向けルーターやVPNルーターの代わりにブロードバンドルーターを導入するのは、必要充分な機能を備えながら、数千円から2 万円程度と、非常に低価格だというコスト上のメリットがあるからだ。ただし、ブロードバンドルーターは、もともと個人/SOHO向けの製品であるため、企業向けの手厚いサポートや、統合運用管理ツールとの連携などを期待するのは難しい。コスト優先でブロードバンドルーターを使うならば、そのような点を割り切って考える必要がある。


【高性能化と低価格化が同時進行】

 このように企業での利用が検討されるのは、ブロードバンドルーターがそれだけ高性能になったということだ。また、通信速度の高速化も著しく、スループットも90Mbps以上が当然という状況だ。一方で、価格面では低価格化が進み、有線のものであれば数千円のものから市場に出回っている。このように高性能化と低価格化が同時進行している背景には、半導体技術の進歩の速さがある。
 半導体の集積度は約18ヵ月で倍になるという「ムーアの法則」が示す通り、半導体は日進月歩の早さで高性能化しており、同等の性能であれば、月日を経るごとに低価格になると言える。特に最近では、ネットワーク機器向けの高性能プロセッサとして、インテルのIXAネットワークプロセッサが注目されている。
 この半導体技術の進歩の恩恵を受け、ブロードバンドルーター内のチップも数年前とは比較にならないほど高性能になりながら、低価格化が進んでいる。そのため、1年経てば製品が変わると考えておいた方がいいだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ブロードバンドルーター/低価格ブロードバンドルーター」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブロードバンドルーター」関連情報をランダムに表示しています。

ブロードバンドルーター」関連の特集


ネットワークで重要な役割を果たしている「経路制御」。その仕組みを理解し、ルータが行っている経路制御を…



近年はUDPプロトコルを用いる「DNS」「NTP」などを利用したDDoS攻撃が増殖中。実際の攻撃手法…



IPネットワークで使われる様々なアドレスの種類と、効率よい経路制御を実現する経路集約の技術を紹介。そ…


「ルーター」関連の製品

ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】 LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】 LTE/3Gモジュール内蔵セルラールーター 『CTL-101JC / CTL-101JE』 【キャセイ・トライテック】
ルーター ルーター ルーター
LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。
LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。 M2M/IoT市場の様々なニーズに対応する無線通信ルーター。LTE/3Gネットワークを介しての無線データ転送機能や回線バックアップ機能を提供する。

「ルーター」関連の特集


ここ2〜3年でブロードバンドルーターは低価格化とともにさらに高機能化しています。今回は注目の新機能を…



2012年、1320億円と見込まれる同市場。キャリア向けを中心とするハイエンドルータが約7割を占める…



ネットワークの中継機器ルータ。昨今のビジネス環境の変容を受けてルータもどのように進化しているのか?最…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブロードバンドルーター/低価格ブロードバンドルーター」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブロードバンドルーター/低価格ブロードバンドルーター」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30000781


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ