この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「ストレージ管理ツール 掲載日:2004/09/13

ストレージ管理



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
ストレージ管理ツールの基礎
2
ストレージリソース管理(SRM)
3
情報ライフサイクル管理(ILM)
1
ストレージ管理ツールの選び方
2
製品カタログ
1
ストレージ管理 マーケット情報
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 今回はストレージリソース管理と情報ライフサイクル管理という2つの視点から製品選びのポイントを紹介する。実際にはストレージデバイスのハードウエア選びが先行してストレージ管理ツール選びが後回しになるケースも少なくないと思うが、導入後の管理コストを少しでも抑えたいなら、ハードウエア選びの前にぜひ以下の項目を検討して、1人あたりの管理できる最大ストレージ容量を確認してから導入すべき製品を決定してほしい。 ストレージ管理

1 

ストレージ管理ツールの選び方



1-1

サポートするストレージデバイスをチェック!


 SRMでは、構成管理や障害管理を自動化するためにストレージデバイスの自動検出などを行っているが、ベンダーによって自社製品だけをサポートする製品と、マルチベンダーをサポートする製品が存在するので、どのようなデバイスをサポートできるか事前に確認しておきたい。例えば、SANではディスクアレイだけでなくFCスイッチやFCハブ、FC HBAなど、多種多様な機器が使われているので、どこのベンダーのどの製品を正確に自動検出できるのか確認しておかないと、思うようにストレージ管理コストを削減できなくなる可能性がある。また、ILMツールでは特に、高速のディスク装置、テープライブラリ、光学メディアなど幅広いストレージデバイスをサポートしている必要がある。
 例えば、EMCジャパンの「ControlCenterファミリ」のSRMプランニング/プロビジョニングに含まれている「SAN Manager」では、マルチベンダーのストレージネットワーク(Brocade、Cisco、McDATA、EMC)とストレージアレイ(HP、日立、 EMC)にわたるオペレーションを単一のSAN管理ツールで一元化することができる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ストレージ管理ツール/ストレージ管理ツールを学ぶ!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ管理ツール」関連の特集


バックアップやデータベース、様々な用途で活躍するSAN。エンジニア要らずで運用可能な製品も取り上げ、…



クラウドコンピューティングの進展やフラッシュストレージなど新たなストレージの台頭により、ストレージ環…



マルチベンダ環境や年代モノまで、個性際立つシステム群の健全な運用を支えるならコレ!基礎から最新事情を…


「その他ストレージ関連」関連の特集


次世代光ディスクとして大注目のブルーレイディスク。実はこれが紙でできる…という斬新な発想で生まれたペ…



2015年上半期のベンダ出荷金額は、325億円であった同市場。200万円未満の市場はマイナス成長する…



 IT関連人材を専門に、各業務に関する実務能力基準の認定や教育コンテンツの提供を行う業界団体Comp…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ管理ツール/ストレージ管理ツールを学ぶ!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ管理ツール/ストレージ管理ツールを学ぶ!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000777


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ