リバーシブルLCD●ウラも使える液晶、登場!


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2004/09/08
 リバーシブルLCDってなんだ?!


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは「リバーシブルLCD」。1枚の液晶ガラスパネルの、表と裏の両面ともに画像表示が可能な液晶ディスプレイのことです。液晶パネル1枚で2画面分の画面表示が可能なため、2画面ケータイやPDA、ノートPCなどへの応用が期待されています。

5分でわかるイメージ図
リバーシブルLCDとは?
 1枚の液晶パネル、表裏それぞれの両面に、画像を映し出すことができる液晶ディスプレイのこと。表面あるいは裏面の単独表示はもちろん、両面同時に同じ画像を映し出したり、それぞれの液晶画面に同時に異なる画像を表示することも可能だ。現在、主流となる折りたたみ式の携帯電話には、メインディスプレイと、背面のサブディスプレイを有しているが、現状の技術では、表裏それぞれのディスプレイ用に2枚の液晶パネルが必要であった。リバーシブルLCDでは、1枚の液晶パネルで2画面の表示が可能なため、携帯電話の本体を「薄く」「軽く」できるだけでなく、メイン画面とサブ画面を同じ大きさにするのも容易になる。
リバーシブルLCDの試作機
イリバーシブルLCDの試作機。
見えづらいが、前面には動物のキャラクタの顔が映り、後ろの鏡には裏面の後頭部が映っている。

■「透過型液晶」と「反射型液晶」
 リバーシブルLCDのメカニズムを紹介する前に、そもそもLCD(Liquid Crystal Display : 液晶ディスプレイ)にはどのようなタイプがあるのかを説明しよう。LCDは自ら発光するわけではないため外部光源を必要とするが、この外部光源の種類により、大きく分けて「透過型」と「反射型」の2種類に分類される。透過型は、画面背面のバックライトを光源にして表示を行うタイプの液晶だ。これに対し反射型は、外光の反射によって表示を行うタイプで、太陽光などの自然光を利用する製品のほか、画面前面に光源を配置する「フロントライト型」などの製品がある。
 一般的に、透過型は反射型に比べ彩度が高く、暗い室内で見やすいという特徴があるが、消費電力が大きく明るい屋外では表示が暗くなるという欠点がある。現在、流通している多くは透過型だが、最近では透過型と反射型を融合して、暗い場所ではバックライトを、明るい場所では外光を利用する「半透過型液晶」なるものも登場している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/9/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 BOSE ウェアラブルネックスピーカー「SoundWear Companion Speaker」  
●A賞:抽選で1名様
 Lenovo ノートパソコン ideapad 120S「81A50085JP」 
●C賞:抽選で1名様
 ニチネン 無煙 遠赤外線グリル 「UFO CCM-101」) 
●D賞:抽選で1名様
 RIVERS コーヒーグラインダー 「GRIT」  
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着特集


これまでのパスワード管理の常識はもはや過去のもの。パスワードの定期更新はリスクを高めるだけだ。



2018年第1四半期のPC市場はマイナス成長に転じた。レノボ傘下となった富士通のPCシェアはどう変化…



国内でいまだに50万台が稼働する「Windows Server 2008」および「2008 R2」の…


新着セミナー

自動化の戦国時代!今だからこそ運用業務の自動化! 【主催:アシスト】  

開催日 12月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「システムの多様化」「人手不足」「ユーザ要求の増加」...皆様が行っている運用業務が今後どうなっていくか想像してみてください。環境が変化する中、皆様が抱える運用…

サービス品質向上するシステムの予兆分析とは 【主催:アシスト】  

開催日 12月11日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

障害対応工数を削減しサービス品質向上するシステムの予兆分析とは〜Webサービスのパフォーマンス悪化によるビジネス機会の損失、ユーザクレーム対応にお悩みの方へ〜ア…

更に増加するSSL通信のセキュリティ対策・ログ運用提案ポイント 【マクニカネットワークス】  

開催日 10月3日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

WebサイトのSSL化が年々右肩上がりに増加しており、現在約半数のWebサイトががSSL化されていると言われております。一部のブラウザではHTTPSサイトに対し…

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

リバーシブルLCD/リバーシブルLCD●ウラも使える液晶、登場!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「リバーシブルLCD/リバーシブルLCD●ウラも使える液晶、登場!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000775



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ