この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 運用コストを減らすワザ50(応用) 掲載日:2004/08/20
 アプリケーション連携

 基礎編ではアプリケーション連携の基本的な考え方をまとめた。応用編ではデータ連携、EAI、BPM、B2B、Webサービス、および最近登場してきたESBという具体的なアプリケーション連携の方策について概要を紹介し、検討にあたっての注意ポイントを方策別に考えてみよう。また標準化で注目されるWebサービスが現在どのように利用され、今後どのように浸透していくかについても詳しく見ていこう。 アプリケーション連携イメージ



データ連携の概要
 あるシステムと他のシステムの間を連携させるには、通信のための仕組みとデータの意味を一致させる仕組みが必要になる。1対1の連携の場合、そこは個別に作りこめばよく、開発や保守のコストもそこそこであろう(ピア・ツー・ピア型のシステム間連携)。2〜3つのシステム間連携でもあまり問題はないかもしれない。
 これには特別に高価なEAIツールなどを導入する必要はなく、ファイル転送によるバッチ型の連携や、データベース共有、ファイル共有を用いたデータ連携が使われることがある。
 データベース共有ではオープン系のRDBMSには各種プラットフォームで利用できる仕組みが用意されているし、メインフレームのデータベースからリアルタイムに連携してオープン系システムで利用できるようにするツールも市販されている。ファイル共有の場合もさほど難しくはないと考えられる。
 ファイル転送はデータ連携の基本的手法だ。しかし、サーバー数が増加すると管理負荷が高まることと、スピードの面で大容量のデータ転送には向かないことが問題と言われてきた。しかし現在ではギガビットネットワークが利用可能になり、スピード面での制限は緩和されてきていると思われる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

アプリケーション/イチから学ぶ!アプリケーション連携」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アプリケーション」関連情報をランダムに表示しています。

アプリケーション」関連の製品

「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 Windows操作ロボット 「WinActor」 【NTTデータビジネスブレインズ】 システム刷新で顧客情報の一元管理に成功、LTVを向上させる顧客との関係構築術 【バーチャレクス・コンサルティング】
グループウェア その他PCソフト関連 CRM
表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。 さまざまなアプリケーションを自動化可能な純国産RPAツール。ユーザー部門でも直感的に操作が可能なGUIを装備。コンパクト設計でスモールスタートにも最適。 システム刷新で顧客情報の一元管理に成功、LTVを向上させる顧客との関係構築術

アプリケーション」関連の特集


次世代クライアントの候補の1つとして注目を集めている「シンクライアント」。方式とその特徴、最新事情ま…



MacでWindowsのシステムを使うための方策ごとにメリット・デメリットを整理!構築・運用で注意す…



2008年夏からDNSサーバの脆弱性をついた攻撃が激増!統計情報とあわせて被害にあわないためのチェッ…


アプリケーション」関連のセミナー

次世代ハイパーバイザー Nutanix AHVの可能性を見極めろ! 【主催:JBCC 協賛:ネットワールド/ニュータニックス・ジャパン】 注目 

開催日 3月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【本セミナーのポイント】 ●2017年11月にフランス、ニースで開催された「Nutanix .NEXT Europe 2017」からの最新情報をお届け●近年導入…

データベースのマルチベンダー環境をサクッと監視する方法 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 1月24日(水),3月20日(火)   開催地 神奈川県   参加費 無料

●当初はOracleだけだったけど他のDBもまとめて管理することになった●属人化しているDB管理をチームで回せるようにしたい●ManageEngineの場合、何…

Delphiモバイルアプリケーション開発入門コース(大阪開催) 【ミガロ.】  

開催日 3月14日(水)   開催地 大阪府   参加費 有料 4万2120円(税込)

マルチデバイスアプリケーション開発ツールへと進化したDelphiを使って、iOS、Androidに対応可能なモバイル開発手法を習得いただくコースです。豊富な開発…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

アプリケーション/イチから学ぶ!アプリケーション連携」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アプリケーション/イチから学ぶ!アプリケーション連携」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000769


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ