この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 運用コストを減らすワザ50(応用) 掲載日:2004/08/20
 アプリケーション連携

 基礎編ではアプリケーション連携の基本的な考え方をまとめた。応用編ではデータ連携、EAI、BPM、B2B、Webサービス、および最近登場してきたESBという具体的なアプリケーション連携の方策について概要を紹介し、検討にあたっての注意ポイントを方策別に考えてみよう。また標準化で注目されるWebサービスが現在どのように利用され、今後どのように浸透していくかについても詳しく見ていこう。 アプリケーション連携イメージ



データ連携の概要
 あるシステムと他のシステムの間を連携させるには、通信のための仕組みとデータの意味を一致させる仕組みが必要になる。1対1の連携の場合、そこは個別に作りこめばよく、開発や保守のコストもそこそこであろう(ピア・ツー・ピア型のシステム間連携)。2〜3つのシステム間連携でもあまり問題はないかもしれない。
 これには特別に高価なEAIツールなどを導入する必要はなく、ファイル転送によるバッチ型の連携や、データベース共有、ファイル共有を用いたデータ連携が使われることがある。
 データベース共有ではオープン系のRDBMSには各種プラットフォームで利用できる仕組みが用意されているし、メインフレームのデータベースからリアルタイムに連携してオープン系システムで利用できるようにするツールも市販されている。ファイル共有の場合もさほど難しくはないと考えられる。
 ファイル転送はデータ連携の基本的手法だ。しかし、サーバー数が増加すると管理負荷が高まることと、スピードの面で大容量のデータ転送には向かないことが問題と言われてきた。しかし現在ではギガビットネットワークが利用可能になり、スピード面での制限は緩和されてきていると思われる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

アプリケーション/イチから学ぶ!アプリケーション連携」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アプリケーション」関連情報をランダムに表示しています。

アプリケーション」関連の製品

ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】 2000社が利用する人事給与サービスをクラウド化、三菱総研DCSが選んだDBMSとは 【日本アイ・ビー・エム】
勤怠管理システム ADC/ロードバランサ データベースソフト
Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。 2000社が利用する人事給与サービスをクラウド化、三菱総研DCSが選んだDBMSとは

アプリケーション」関連の特集


アドレス変換の応用例であるロードバランサの仕組みやパケット振り分け方法、現在のロードバランサ製品の最…



ホントに営業のために役立つの!?“やらされ感”満載で現場から忘れ去られた営業支援ツール「SFA」は、…



前回のコラムでは、新しく海外拠点に情報システムを導入する場合に、日本本社と海外拠点の双方の要件ギャッ…


アプリケーション」関連のセミナー

成長企業に学ぶ「働き方改革」の始め方 【HDE】 締切間近 

開催日 10月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

労働人口の減少や長時間労働・残業などの社会問題、そしてダイバーシティマネジメントの推進や生産性向上による企業競争力の強化。官民一体となった「働き方改革」への関心…

DNSSEC基礎 【日本ネットワークインフォメーションセンター】 締切間近 

開催日 10月6日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 4万円(税込)

●概要: DNSはインターネットにおいて重要なシステムの1つであるため、その信頼性を確保することは重要です。近年になりセキュリティの向上をめざし、DNSSECに…

固定電話網がIP化、今知ってほしいEDIへの影響と対応策 【データ・アプリケーション】  

開催日 10月13日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

2017年4月6日、東日本電信電話株式会社・西日本電信電話株式会社(以下、NTT東西)から「固定電話網のIP網移行後のサービス及び移行スケジュールについて」 の…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

アプリケーション/イチから学ぶ!アプリケーション連携」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アプリケーション/イチから学ぶ!アプリケーション連携」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000769


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ