この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 運用コストを減らすワザ50(応用) 掲載日:2004/08/20
 アプリケーション連携

 基礎編ではアプリケーション連携の基本的な考え方をまとめた。応用編ではデータ連携、EAI、BPM、B2B、Webサービス、および最近登場してきたESBという具体的なアプリケーション連携の方策について概要を紹介し、検討にあたっての注意ポイントを方策別に考えてみよう。また標準化で注目されるWebサービスが現在どのように利用され、今後どのように浸透していくかについても詳しく見ていこう。 アプリケーション連携イメージ



データ連携の概要
 あるシステムと他のシステムの間を連携させるには、通信のための仕組みとデータの意味を一致させる仕組みが必要になる。1対1の連携の場合、そこは個別に作りこめばよく、開発や保守のコストもそこそこであろう(ピア・ツー・ピア型のシステム間連携)。2〜3つのシステム間連携でもあまり問題はないかもしれない。
 これには特別に高価なEAIツールなどを導入する必要はなく、ファイル転送によるバッチ型の連携や、データベース共有、ファイル共有を用いたデータ連携が使われることがある。
 データベース共有ではオープン系のRDBMSには各種プラットフォームで利用できる仕組みが用意されているし、メインフレームのデータベースからリアルタイムに連携してオープン系システムで利用できるようにするツールも市販されている。ファイル共有の場合もさほど難しくはないと考えられる。
 ファイル転送はデータ連携の基本的手法だ。しかし、サーバー数が増加すると管理負荷が高まることと、スピードの面で大容量のデータ転送には向かないことが問題と言われてきた。しかし現在ではギガビットネットワークが利用可能になり、スピード面での制限は緩和されてきていると思われる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

アプリケーション/イチから学ぶ!アプリケーション連携」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アプリケーション」関連情報をランダムに表示しています。

アプリケーション」関連の製品

中堅・中小企業のための「あらゆる意味でオーバースペックでないHCI」とは 【ヴイエムウェア株式会社】 あらゆる操作が可能な特権IDを外部/内部の脅威から守るには 【CA Technologies】 今までのビデオ会議と「次世代コラボレーション」は何が違うのか? 【ポリコムジャパン】
垂直統合型システム ID管理 電話会議
小規模HCIで注目の2ノードvSANに“ちょうどいい”UPSとは? 全ての操作が可能な特権ID。攻撃者に悪用される事態を防ぐため、適切な制御とモニタリングが不可欠だ。それも仮想化基盤やクラウドを含めた形でなくてはならない。 ビデオ会議をはじめとするコラボレーションツールが急速に充実している。選択肢が広がることは歓迎すべきだが、同時に課題も顕在化してきた。その課題と解決策とは。

アプリケーション」関連の特集


2000年に登場してから急速に普及し、誰もが信頼を寄せるサービスとして成熟した「IP-VPN」!簡単…



昨今、違法コピーをしている企業が訴えられる事件が相次いでいます!あなたの企業は大丈夫ですか?IT資産…



日頃の業務の中に突然放り込まれる「突発的業務」は、厄介なことが多い。しかし、折り合いをつけてこなすこ…


アプリケーション」関連のセミナー

データ主導型のデジタル変革 オンラインセミナー 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 8月29日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

【データ主導型のデジタル変革:Qlik オンラインセミナー 開催】このオンラインセミナーシリーズでは、小売、金融、製造など、さまざまな業種分野でのユーザー事例か…

ゼロから80分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 9月27日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

SVFは「帳票基盤ソリューション」として、長く皆様の帳票出力業務を支えています。・ノンプログラミングの簡単帳票設計・あらゆるアプリケーションとの柔軟な連携・PD…

野村総合研究所/AWS Cloud Express Roadshow in 札幌 【主催:野村総合研究所/共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 8月31日(金)   開催地 北海道   参加費 無料

クラウドサービスの普及により、情報システムのクラウド移行がトレンドとなっています。AWS(Amazon Web Services)においても、セキュリティや信頼…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

アプリケーション/イチから学ぶ!アプリケーション連携」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アプリケーション/イチから学ぶ!アプリケーション連携」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000769


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ