この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「無線LAN 掲載日:2004/08/16

無線LAN



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
無線LAN規格とセキュリティ
2
無線LANスイッチによる課題解決
1
無線LANスイッチの選び方
2
製品カタログ
1
無線LAN市場動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 企業で無線LANを導入する際、LANの拡張に合わせてアクセスポイント(AP)を増やしていく必要があるが、このとき問題になるのがAPの運用管理だ。つまり、数台では問題にならなかった運用管理も、数十台から数百台へと APが増えてくると、ファームウエアのアップグレード1つとってもネットワーク管理者には大変な負担増になる。
 そこで、今回は無線LANの規格動向とセキュリティ強化にも触れながら、最近、複数APの運用管理コストを削減できる製品として特に注目され始めた「無線LANスイッチ」について詳しく紹介する。
無線LAN

1 

無線LAN規格とセキュリティ


 無線LANを語る場合、重要と思われるキーワードとして4つ挙げることができる。まず、LANの世界では異機種混在が当たり前になるので、その統一規格である「IEEE802.11」と製品認定の「Wi-Fi アライアンス」。3つ目は有線LANでは発生しなかった無線LAN固有の「セキュリティ」問題。ここではまずこの3つについて説明しよう。4つ目の最もホットな最新キーワードについては次節で紹介する。



1-1

無線LAN製品はIEEE802.11規格とともに発展


 実は無線LAN製品は、IEEE(米国電気電子技術者協会)802.委員会ワーキンググループ11によって1997年にIEEE802.11として規格化される以前から登場していた。しかし、統一規格が存在しない当時の無線LAN製品は、ベンダーが異なるとお互いに通信できなかったり、伝送速度が遅かったり(1Mbps程度)、価格が高かったりして、それほど普及しなかった。しかし、 IEEE802.11(最大伝送速度2Mbps)に準拠した製品が登場するようになってからは無線LAN市場が徐々に拡大するようになり、1999年に IEEE802.11b(最大伝送速度11Mbps)が策定され、これに対応した製品群が市場に登場すると、無線LAN市場は本格的に立ち上がるようになった。
 その後、2002年からは最大伝送速度54MbpsのIEEE802.11aに対応した製品が登場し、また2003年6月に承認された IEEE802.11gの対応製品も加わったことで、個人ユーザーだけでなく、ようやく法人ユーザーにも魅力的な製品ラインナップが揃い始めるようになった。


表1 おもな無線LAN規格
  IEEE 802.11b IEEE 802.11a IEEE 802.11g
周波数 2.4GHz 帯 5.2GHz 帯 2.4GHz 帯
通信速度 (規格値) 最大11Mbps 最大54Mbps 最大54Mbps
通信速度 (実質値) 最大5Mbps 最大22Mbps 最大20Mbps
伝送距離 50m〜180m 20m〜90m 20m〜180m
互換性 ×
電波干渉の可能性 Bluetooth/電子レンジ なし Bluetooth/電子レンジ
メリット 互換性が高い IEEE 802.11bより高速 IEEE 802.11bより高速
安価 他の周波数帯より空いている IEEE 802.11bと互換性がある
比較的安定している   遮蔽物も透過性が高い
デメリット 速くはない 他の方式と互換性がない 他の周波数帯より混んでいる
QoSの欠如 屋外では使用できない まだ比較的不安定で、高価
WEPが脆弱 電力消費が激しい  
同一セルに3台のAPを 置くと、ローミングができなくなることがある 遮蔽物も透過性が低い  
高価  
資料提供:日商エレクトロニクス

 今後の予定としては、無線LAN製品の認証や相互接続性を検証する業界団体「Wi-Fi アライアンス」において、IEEE 802.11i(後述)というセキュリティ機能を追加した規格と、IEEE802.11eというマルチメディアデータのためにQoS機能を追加した規格の製品認定がまもなく開始される。


コラム Wi-Fi アライアンスとは
 無線LANの世界では、規格の標準化を進めているIEEE802.11委員会と並んで、もう1つ重要な組織として「Wi-Fi アライアンス」がある。設立当初は「WECA」(Wireless Ethernet Compatibility Alliance)という名称だったが、2002年10月に「Wi-Fi アライアンス」に名称を変更した。無線LAN業界の大手企業200社以上が加盟しているこの業界団体では、他社製品との互換性が保証された製品に対してWi-Fi(ワイファイ:Wireless Fidelity)マークを発行している。
 このほかにも、「Wi-Fi アライアンス」ではWEPWired Equivalent Privacy)より安全性が高いセキュリティ方式「Wi-Fi Protected Access(WPA)」(後述)を制定したり、ホットスポットと呼ばれる無線LANによる公衆アクセス・サービスに対する認証制度「Wi-Fi ZONE」を行ったりしている。同サイトではWi-Fi ZONE認証を受けた事業者とアクセスポイントのリストを公開していて、日本国内の都市についても検索可能だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

無線LAN/登場!セキュアな無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

遠隔データ消去 クラウドサービス 「TRUST DELETE Biz」 【ソフトバンク コマース&サービス】 FEREC 【ネットスプリング】 ペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」 【CIJ】
リモートアクセス UTM ファイル共有
盗難・紛失したモバイルPC・タブレットのデータを遠隔消去できるクラウドサービス。ロック機能や位置情報取得機能なども装備し、情報漏えいのリスクから企業を守る。 IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。 参加者のいずれか1台のタブレット端末(iPad)を“発表者”として、資料を共有できるペーパーレス会議システム。

無線LAN」関連の特集


PCとテレビをワイヤレスで接続する新規格「WiDi」。フルHDにも対応するその仕組みとは?セキュリテ…



帯域は充分!なのに通信は遅くて毎日イライラ・・・。そんな不満を解消する「WAN高速化ツール」の実態を…



無線LAN通信のパフォーマンスに多大な影響を与える要素として、「電波状況」が挙げられます。 一般に無…


無線LAN」関連のセミナー

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 5月22日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 5月8日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 5月15日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/登場!セキュアな無線LAN」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/登場!セキュアな無線LAN」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000765


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ