この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「オープンCOBOL 掲載日:2004/07/20

オープンCOBOL 市場動向



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
需要高まる「オープンCOBOL」
2
オープンCOBOL製品がわかった!
1
オープンCOBOLの選び方
2
製品カタログ
1
オープンCOBOL市場動向
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 COBOLコンソーシアムはCOBOL言語を広く普及させCOBOLユーザーの利益を守るために設立された非営利団体。現在の参加メンバーは、東京システムハウス、ドット研究所、日本電気、日本アイ・ビー・エム、日立製作所、富士通。同コンソーシアムでは、COBOLの新規格や利用技術に関連する情報を発信しているほか、COBOLセミナーに関連する記事などを紹介している。
 今回はこうした幅広い活動を行っているCOBOLコンソーシアム会長の今城哲二氏に、COBOLの市場動向についてお聞きした。
オープンCOBOL 市場動向

1 

オープンCOBOL市場動向



1-1

グローバル化が進むほどオープン化が進行!


 COBOLの本題に入る前に、メインフレームとオープン系システムの関係から説明しよう。例えば、東南アジアや中国などへ積極的に海外展開を図ってきた電子部品産業では、海外拠点でメインフレームを導入するよりもUNIXでシステム構築したほうが足回りがよいことから、他の産業界よりも早くオープン化が進み、これと同時にグローバル競争力を身につけていったという経緯がある。一方、大手銀行の勘定系では信頼性確保のためメインフレームが中心になっているが、メインフレームに置いておく必要のないサブシステムは沢山存在しており、今後、行内の勘定系に付帯する業務処理はオープン系に移行していくだろう。つまり、オープン化とグローバル化の関係は正比例になっている。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

オープンCOBOL/今でも主役!オープンCOBOL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オープンCOBOL」関連情報をランダムに表示しています。

オープンCOBOL」関連の特集


効果があるのはわかっていても手を出せないレガシーマイグレーション。今回は課題別に考え方を整理した上で…



プラットフォームの老朽化により、蓄積され続けたCOBOL資産をどう活かすのかが今問われている。継続的…



JavaやVBに押されレガシーなイメージのCOBOL。しかし今でもプログラム生産量ではCOBOLがT…


「開発言語」関連の特集


スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを業務に使用することも多くなりました。iPhone/…



JavaやVBに押されレガシーなイメージのCOBOL。しかし今でもプログラム生産量ではCOBOLがT…



「Struts」に代表されるJavaフレームワーク。しかしオープンソースで本当に大丈夫なのか? 今回…


「開発言語」関連のセミナー

オブジェクト指向デザインパターン 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 6月6日(火)〜6月9日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 23万6034円(税込・早割料金)〜

デザインパターンとは、拡張性、保守性、再利用性などの点で優れた既存のオブジェクト指向のプログラムの中に共通に現れる構造を、抽象化し分類・整理したもので、オブジェ…

JavaScript入門講座(エパノ プログラミング スクール) 【エパノ プログラミング スクール】  

開催日 2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万円(税込)

Webシステムの画面に動的な装飾を行うためのJavaScriptについて学習します。演習ではJavaScriptの基本文法を確認する演習を実施し、理解を深めてい…

Delphiモバイルアプリケーション開発入門コース(東京開催) 【ミガロ.】  

開催日 2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 4万2120円(税込)

マルチデバイスアプリケーション開発ツールへと進化したDelphiを使って、iOS、Androidに対応可能なモバイル開発手法を習得いただくコースです。豊富な開発…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンCOBOL/今でも主役!オープンCOBOL」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンCOBOL/今でも主役!オープンCOBOL」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000758


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ