この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「UPS 掲載日:2004/07/12

UPS



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
UPSが必要なワケ
2
UPSの種類
3
電源管理はどうする?
1
UPSの選び方
2
UPS製品カタログ
1
UPS市場動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 電力供給が安定している日本では、停電は滅多に起こらない。そのため、UPS(Uninterrupted Power Supply =無停電電源装置)の必要性を余り感じないかもしれない。しかし、瞬停などの電源異常は、人間が感知していないだけで、実は毎日のように発生している。これらの電源異常が原因でハードディスクが故障したり、ネットワークがダウンする例が意外に多い。こうした事態を回避するための装置がUPSだ。そこで今回は、サーバー向けのUPSを中心に、その機能や効率的な運用を実現する管理ソフトについて説明する。また、簡単に行える機器選定の方法も記載するので参考にしていただきたい。 UPS

1 

UPSが必要なワケ


 先ず、なぜ、UPSが必要なのかということを中心に説明しよう。



1-1

電力の自由化


 今後、停電や瞬停の発生頻度が上がる恐れがある。それは、2000年に行われた「電気事業法の改正」により、電力の自由化が始まったからだ。自由化の範囲は段階的に拡大しており、今後電力会社間の競争が激しさを増すのは必至だ。競争による収益の減少は、サービスレベルの低下をもたらしかねない。その様な環境において、UPSはシステムの安定稼働を維持する重要な機器になるだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

UPS/電源異常の救世主!UPS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UPS」関連情報をランダムに表示しています。

UPS」関連の特集


ユーザのコストダウン意識の高まりなどから価格競争が激しくなったUPS(定格容量10kVA未満)。同製…



サーバ市場で躍進を続けるハイパーコンバージドインフラストラクチャ。多くの企業から注目されるには理由が…



電力ひっ迫時の需給調整要求に応えて自動的に電力消費を抑えてくれる国際標準プロトコル「OpenADR」…


「UPS」関連の特集


仮想化されたサーバ環境との連携や省エネ対策が最新動向として挙げられる「UPS」。これらトレンドから基…



既に多くの企業で導入済みとなっているUPS。そして、現在、UPSの導入を検討するきっかけになっている…



亜鉛と大気中の酸素を反応させる金属空気電池。空気さえあればいつまでも稼動する、夢のようなパソコンが実…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UPS/電源異常の救世主!UPS」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UPS/電源異常の救世主!UPS」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30000751


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ