シェアードPC●ICカードでどこでもパソコン!


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2004/07/07
 “シェアードPC”ってなんだ?!


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは「シェアードPC」。サーバー上に保存された自分用のPC利用環境を、ネットワーク経由で別の端末に再現するためのシステムおよびソフトウエアです。レンタルオフィスや学校など、遠隔地にある共同利用のPCを、自分専用として使いたいというシチュエーションに威力を発揮しそうです。

5分でわかるイメージ図
シェアードPCとは?
 シェアードPCは、ネットワーク経由でPC利用環境を再現、バックアップするためのシステムである。ここでいう「PC利用環境」とは、自分で作った文書ファイルなど、意識してPCに保存するデータファイルはもちろん、OSやアプリケーションなど、機種ごとに固有の情報や利用者が無意識のうちにPCに保存される各種ファイル、あるいはシステムの設定情報などを指している。つまり、不特定多数の人が共同で利用するパソコンを使う場合でも、いつでもそこに、自分のパソコンのデータファイルをはじめ、メール設定や辞書登録などといった自分用に設定した環境を再現し、利用後には最新の状態をサーバー側にバックアップができる。もちろん、自分でインストールしたアプリケーションソフトの再現も可能だ。

シェアードPCとは?

 サーバー側との通信には、ICカードをキーとして利用する。ICカード内には利用者固有の秘密鍵が格納されており、シェアードPCの利用開始時には、カードを読み取り機に挿入することでユーザー認証を行う。すると、サーバーに暗号化され保存されている利用者のPC利用環境が、暗号を復号化して端末側に再現される。一方、利用終了時には、読み取り機からカードを引き抜くと、その時点でのPC利用環境が再び暗号化され、サーバー側に保存されるという仕組みだ。
 サーバーと端末との間はIPネットワークを経由して接続される。ファイアウオールやNATなどが存在している環境でも、利用することが可能だ。また、サーバー側には暗号化されたデータが保存されるため、たとえサーバー管理者でも、個々の利用者の情報を確認することはできない。また、作業終了時には端末側のハードディスク内のデータを自動的に消去するため、利用者のデータや設定環境が端末側に残ることもない。このように、シェアードPCは、共同利用PCを利用する場合にネックとなる、セキュリティ上の課題を克服している点も、特徴の1つである。
 シェアードPCでは、Windows2000およびXPを搭載しているパソコンであれば、メーカーや機種に関わらず対応が可能だ。常にノートパソコンを持ち歩くのではなく、外出時に必要なときだけ自分のパソコンを使いたいというニーズを持つ一般利用者が対象になるという。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 RAYCOP RX 
●A賞:抽選で1名様
 Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK 
●C賞:抽選で1名様
 パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 
●D賞:抽選で1名様
 Dell ノートPC Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 
●E賞:抽選で1名様
 サンワダイレクト ごろ寝マウス 指輪マウス トラックボール 

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

数理計画モデリングツール 「Xpress」 【MSI】 ネットワーク監視システム 「PacketBlackHole」 【ギガ+他】 ファイル転送システム eTransporter 【ギガ】
BPM その他ネットワーク関連 ファイル転送
数理計画・最適化ソフトウェアの分野に強みを持つモデリングソルバー。強力なソルバーとその実行環境を提供、最適化アプリケーションモデリングと意思決定の迅速化を支援。 社内・社外へ流れる通信データを取得・保存し、その中身の解析・再現。情報漏えいの抑止と事件発生時の迅速な証拠発見を可能にする。 Webブラウザで「簡単・安全」にファイルを送受信できる、大規模ユーザー向けファイル転送システム。クライアントライセンスフリー。オンプレミスとクラウドで提供。

新着特集


NTTソフトウェア、NTTアイティが合併し、NTTアドバンステクノロジーの音響・映像事業を統合した新…



 データベースかいわいのセキュリティに関して「暗号化」と「アクセス制御」は、どちらが重要かと常に競争…



既存ユーザーの多くはグループウェアを連係して利用。一方の新規導入検討者らはグループウェアの中で運用し…


新着セミナー

テレワークを加速させる!テレワーク推進賞受賞、JALの取り組み 【キヤノンITソリューションズ】  

開催日 6月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2016年度日本テレワーク協会・テレワーク推進賞の最も優れた取り組み企業に与えられる会長賞を受賞した日本航空様が登壇します。7月24日のテレワーク・デイ導入など…

仮想化は今や常識、運用時によくある失敗事例とその回避策とは 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】  

開催日 7月21日(金),9月22日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

●サーバーの仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフ…

はじめてのEDI 【データ・アプリケーション】  

開催日 5月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

はじめてEDIの業務に携わる方対象のセミナーです。 本セミナーでは、EDIの取引形態や役割、流通BMSなどの通信プロトコル規約をはじめ、EDIの歴史などについて…

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

シェアードPC/シェアードPC●ICカードでどこでもパソコン!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シェアードPC/シェアードPC●ICカードでどこでもパソコン!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000750



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ