この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ! 「ブレードサーバー 掲載日:2004/07/05

ブレードサーバー



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
ハードウエアから見たサ−バーの進化
2
ブレードサーバーの基礎
1
ブレードサーバーの選び方
2
製品カタログ
1
ブレードサーバー シェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 IDC Japan株式会社では、IT市場における世界規模の第三者調査機関として、市場規模、ベンダーシェア、競合分析、ユーザー動向、テクノロジートレンド、市場予測などを調査レポートとして定期的に提供している。今回はこうした幅広い調査レポートの中から、ブレードサーバー市場に焦点を絞って参考になる情報を、IDC Japan株式会社のサーバーリサーチアナリスト石井 昌英氏にお聞きした。 ブレードサーバー

1 

ブレードサーバーシェア情報



1-1

サーバー市場全体から見たら3%、でも伸び率は何と100%!


 まず、サーバー全体の市場規模を台数ベースで見ると、2003年は43万6000台で、今後の予測として2004年は49万5000台、2005年は52万4000台となっている。このうちブレードサーバーが占める割合は2003年で約3%に過ぎなかったが、2005年には約8%になると予測している。この数字からわかるように、ブレードサーバーがサーバー市場を席捲することは当分ない見込みだが、ブレードサーバーの伸び率に注目すると、2003年から2005年にかけて毎年100%前後で急激に伸び続けていくと見ている。
 また、サーバー市場の約半分はラックマウント型が占めていることから、小型・省スペースに対するニーズは高いことが分かる。従って、今後1Uサーバー並みの価格を実現したブレードサーバーが増えてくれば、ブレードサーバーの需要はさらに高まっていくはずだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ブレードサーバー/大解剖!「ブレードサーバー」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレードサーバー」関連情報をランダムに表示しています。

ブレードサーバー」関連の特集


普及が進む仮想化。今回は震災以降の経営環境における仮想化の有効性や、導入時のポイントについて、アナリ…



単なるPCの切替え器として機能してきたKVMスイッチは、いまや遠隔監視のキーデバイスとして役立つシロ…



 前回は、「クラウド」を利用したセキュリティ対策について、簡単な例とともに説明したが、今回は、さらに…


「ブレードサーバ」関連の特集


多くの企業で導入が進み、活躍の場を広げつつある「ブレードサーバ」。今回は、仮想化関連の新機能など、最…



登場から3年が経過し、ラックマウントサーバー市場におけるブレードサーバーの地位は確固たるものになりつ…



PCサーバ全形態に占める割合が増加となったブレードサーバのベンダ市場占有率をご紹介!不況下にシェアを…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレードサーバー/大解剖!「ブレードサーバー」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレードサーバー/大解剖!「ブレードサーバー」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000749


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ