第37回 世代間の違いを整理 携帯電話の基礎


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2004/05/19
 世代間の違いを整理!携帯電話の基礎

  最近の携帯電話は、単なる電話であるだけでなく、さまざまな機能が備わり、ネットワークへのアクセスを可能とする高度な携帯情報端末だといっても過言ではない。今回は、FDMA方式に始まり、TDMA方式、CDMA方式へと変遷をとげている携帯電話の進化とその技術について考察したい。特に、最新の「第3世代携帯」と呼ばれるCDMA方式の技術については、各社が提供するFOMA、CDMA2000 1x、VGSなどを例に理解を深めていく。 世代間の違いを整理!携帯電話の基礎


携帯電話の進化 第1世代と第2世代を振り返る

進化を続ける携帯電話
  携帯電話の契約数は概算で8,000万件、現在では日本国民の60%以上の人たちが、携帯電話を持つまでに普及してきている。また、現在の携帯電話は、場所を選ばない通話の実現のみならず、デジタルカメラを装備するとともに、メールの交換やインターネットによる各種サービスの利用、さらには音楽や映像などの配信サービスを受けることもできるようになっている。つまり携帯電話は、単なる電話であるだけでなく、ネットワークへのアクセスを可能とする高度な携帯情報端末として、高い利便性を備えるまでになっている。
  最近では、「第3世代携帯」という言葉も多く耳にするようになってきているが、今回の講座では、携帯電話における最新技術について見ていくことにしよう。
  なお、現在の携帯電話が第3世代であるのなら、当然のことながら、第1世代、第2世代の携帯電話や、それを支えた技術も存在するのは当然だ。まずは、過去の携帯電話の技術について振り返ってみたい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

携帯電話/第37回 世代間の違いを整理 携帯電話の基礎」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「携帯電話」関連情報をランダムに表示しています。

携帯電話」関連の製品

無償キャンペーン提供中 Ambient Office EMS 評価検討サービス 【日本マイクロソフト株式会社、日本ビジネスシステムズ株式会社】 セキュアな大容量ファイル転送・共有サービス「Active! drive SS」 【クオリティア】 中規模遠隔会議用スピーカーフォン 『Jabra SPEAK 810』 【GNネットコムジャパン】
MDM オンラインストレージ/ファイルストレージ Web会議
もう無理! 個別最適では限界なデバイスとIDの管理をどうする? ビジネス利用を前提に設計された大容量ファイル転送サービスとオンラインストレージサービス。高いセキュリティ性と使いやすさを兼ね備え、低コストでの導入を可能とした。 最大15人の中規模会議に適したスピーカーフォン。コンパクトデザインや直感的な使いやすさ、優れた音声品質により、様々なシーンで生産性の高い遠隔会議を実現。

携帯電話」関連の特集


昨年のスマホ国内出荷数は約1575万台!増加するスマートデバイス業務利用の背景にある“脅威”と、安全…



この秋、ADSL並みのモバイル通信サービスが登場します!このサービスで使われている日本生まれの「TD…



2015年第2四半期は、前年同期比23.6%増の608万台だったスマホ市場。今期首位獲得のApple…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

携帯電話/第37回 世代間の違いを整理 携帯電話の基礎」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「携帯電話/第37回 世代間の違いを整理 携帯電話の基礎」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000736


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ