この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「資産管理ツール 掲載日:2004/06/28

資産管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
資産管理ツールの基本的な機能
2
管理すべきIT資産とは何なのか
3
資産管理ツールの最新動向
1
資産管理ツール選び方のポイント
2
製品カタログ
1
資産管理ツールユーザーの声
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 社内ネットワークに接続されたパソコンや、そこにインストールされるソフトウエアなどのIT資産は、複数の部署や事業所にまたがること、またリース契約の機器を含むことから、管理が非常に困難である。その複雑な管理を簡素化するのが資産管理ツールである。また資産管理ツールは、OSやアプリケーションの修正モジュール、セキュリティパッチの配布といった、セキュリティ面の一元管理機能も充実させてきている。今回は、その進化する資産管理ツールの基本的な機能と最新動向を紹介する。 資産管理ツール

1 

資産管理ツールの基本的な機能


 資産管理ツールは数多く存在し、製品によってさまざまな機能をもっているが、いずれの製品も資産の管理を効率化し、その負担を軽減することを目的としていることに変わりはない。現在の資産管理ツールの基本的な機能を大きく分類すると、次の3つになる。


【1】 インベントリ収集・管理機能
−社内LANに接続されているパソコンの構成維持・管理
【2】 ファイル(ソフトウエア)配布機能
−各種アップデート用のファイルやソフトウエアの配布・管理
【3】 リモート操作機能
−社内LANに接続されているパソコンのリモート操作


1-1

インベントリ収集・管理機能


 社内LANに接続されているパソコンのハードウエア情報や、パソコンにインストールされているソフトウエアなどの情報を、ネットワーク経由で収集する機能を、「インベントリ収集」機能という。これは資産管理ツールの根本をなすものだ。資産管理ツールは、パソコンの起動時や、設定された時間間隔でこうしたインベントリ情報を収集し、データベース化して管理する。


図1 インベントリ収集・管理画面の例
図1 インベントリ収集・管理画面の例
左:インベントリリポート  右 :管理コンソール
資料提供:アイエニウェア・ソリューションズ

+拡大

 「インベントリ」とは元来「商品や財産などの目録、在庫」あるいは「棚卸し、在庫調査」という意味であるが、資産管理ツールにおいては、ハードウエアとソフトウエアの各種情報を意味する。収集項目は資産管理ツールによっては600項目を数える場合もある。アイエニウェア・ソリューションズのMANAGE ANYWHERE STUDIOは、Windows CEやPalmのPDAにも対応しており、クレードル経由であってもインベントリ情報を収集してくれる。以下、主な収集項目を記す。


〈ハードウエア〉
OSの種類とバージョン
CPUの種類やクロック数
物理メモリーと利用可能メモリー
ネットワーク機器情報
ドライブ情報
〈ソフトウエア〉
製品名とバージョン
ファイル更新日
ファイルサイズ
インストールソフトウエア
インストールディレクトリ

 しかし、インベントリ情報を収集するだけでは実はあまり意味がない。それを分析、管理してはじめて管理活動に利用できる。そのため資産管理ツールには分析機能を含む管理機能が備えられている。これにより、ハードウエアやパフォーマンスの余剰を見つけて適正に配置しなおしたり、余計なソフトウエアライセンスを発見して削減することが可能になる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

資産管理ツール/資産管理ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理ツール」関連の製品

ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 レポートの実物で解説、VDIアセスメントサービスで分かること 【日商エレクトロニクス】 NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】
IT資産管理 VDI 検疫
どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。 レポートの実物で解説、VDIアセスメントサービスで分かること 不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)

資産管理ツール」関連の特集


PC入れ替えの際、古いPC内のデータを“完全消去”できていますか?初期化しても、結局HDDにはデータ…



仮想化やSaaS型アプリケーションなど企業のインフラが変化しつつある中でIT資産管理ツールはどう活用…



48%の中堅中小企業が標的型攻撃の対象になっている。対策には、外部からの侵入を防ぐ「入口対策」と、内…


資産管理ツール」関連のセミナー

ライセンスコンプライアンスのために実施するIT資産管理とは 【日本ユニシス/ユニアデックス/SoftwareONE Japan/NECキャピタルソリューション】  

開催日 10月14日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

 IT資産管理はクラウド環境やライセンス形態の多様化により資産の保有や利用状況の把握、ライセンス管理方法が複雑化してきています。知らない間にライセンスコンプライ…

SS1オンラインセミナー 【ディー・オー・エス】  

開催日 10月14日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

株式会社ディー・オー・エスでは、IT資産管理ソフト「System Support best1(SS1)」を用いた、IT資産管理/情報漏洩対策の課題解決をテーマと…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資産管理ツール/資産管理ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理ツール/資産管理ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30000729


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ