この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「EAI 掲載日:2004/06/10

第二世代へ突入するEAI



 企業内に個別に導入されてきたアプリケーション統合を実現するEAIEnterprise Application Integration)は、BPMBusiness Process Management)機能の実装やサービス指向アーキテクチャ(SOA)対応など、進化が著しく非常にキャッチアップが困難な技術の1つである。本稿では、EAIテクノロジーの変遷を振り返りながら、現状と今後を展望する。 第二世代へ突入するEAI



 A N A L Y S T アナリストファイル #020
 株式会社 野村総合研究所
株式会社 野村総合研究所 城田 真琴 (Makoto Shirota)
情報技術本部 情報技術調査室 副主任研究員
城田 真琴 (Makoto Shirota)
1994年北海道大学工学部電子工学科卒業後、大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年に野村総合研究所に入社。情報技術本部にてIT動向の調査と分析を行うITアナリスト集団に所属。専門は、 EAI/BPM、SOA等のミドルウエア領域、グリッド・コンピューティング、セキュリティ技術など。


進化するEAI


 企業内の各部門に個別に導入されてきたアプリケーション統合を実現するEAIは、ビジネス環境の変化や技術進化と共に、その実現手段も刻々と変化している。

【メッセージ連携ベースのEAI】

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

EAI/第二世代へ突入するEAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 クラウドEAIサービス 「PolarisGate」 【日商エレクトロニクス】
EAI EAI EAI
ドラッグ&ドロップでデータ連携を実現するビジュアルな開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプターを装備。 企業内のさまざまなデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するミドルウェア
・11年連続国内シェアNo.1、導入実績は6000社以上
・高速開発・業務自動化を実現
クラウドサービス間のデータを連携し、業務効率向上やビジネスへの対応を支援するクラウド型EAIサービス。世界トップクラスの導入実績を誇る「Magic xpi」のクラウド版。

EAI」関連の特集


柔軟にシステム間の連携を変更・追加できる「システム統合基盤」とは何か、“簡単アニメ”でサクッと解説し…



改めまして、超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」で知られるマジックソフトウェア・ジャパンの…



今後利用が拡大していくと見られる「「エンタープライズサービスバス(ESB)」市場。同製品の市場占有率…


EAI」関連のセミナー

ハンズオンで学ぶはじめてのデータ変換 【データ・アプリケーション】  

開催日 4月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

企業には様々な業務システムが存在し、そのデータの連携や加工のために、データ変換プログラムが個別に開発され複雑化し、属人性も高く、品質も均一でないためメンテナンス…

ハンズオンで学ぶはじめてのデータ変換 【データ・アプリケーション】  

開催日 5月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

企業には様々な業務システムが存在し、そのデータの連携や加工のために、データ変換プログラムが個別に開発され複雑化し、属人性も高く、品質も均一でないためメンテナンス…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/第二世代へ突入するEAI」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/第二世代へ突入するEAI」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6


30000718


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ