この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!「NAS 掲載日:2004/05/31

低価格NAS ユーザーの声



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
そもそもNASとは?
2
NASの活用のメリット
3
低価格NAS最近動向
1
低価格NAS選び方のポイント
2
低価格NAS製品カタログ
1
低価格NASユーザーの声
 
INDEX


ユーザーの声
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!
ユーザーの声

 キーマンズネットでは、2004年3月3日(水)〜3月10日(水)にわたって、キーマンズネット会員に対し「ストレージの導入に関するアンケート」を実施した(有効回答426件)。この中でNASに関する項目も聞いているので、ここでその主なものについて結果をご紹介しよう。 低価格NAS ユーザーの声

1 

低価格NASユーザーの声



1-1

3割のユーザーがNASを導入済み。今後導入の可能性があるユーザーは6割


 NASの導入率は30.7%、未導入は60.6%であった。しかし今後の導入の可能性について聞いたところ「NASを具体的に導入予定・検討中」が16.7%、また「具体的な案件はないが、導入が考えられる」と答えたユーザーは43.6%に上った。



…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

NAS/ここまできた!低価格「NAS」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

NAS」関連の製品

データ管理の在り方を変える NetAppの新たな展望 【ネットアップ】 それぞれのニーズに適したSDS導入を支援 StorSelectプログラム 【レノボ・ジャパン株式会社】 フラッシュストレージへの誤解を解消 低TCO・高ROI実現のコツ 【ネットアップ】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 NAS
オンプレミスでもクラウドでも、プラットフォームに縛られず、データを自由に移動し活用したい――そんなニーズをかなえる新しいデータ管理手法を紹介する。 「ニーズに適したSDSを導入したい」――情シスがとるべき選択 まだフラッシュストレージ未導入? 懸念と誤解を解消します

NAS」関連の特集


 こんにちは。カウンセラーの咲江です。今回は、前回の続きとして、代表的な考え方のクセをご紹介します。…



国内サーバの今後の市場予測とは?また、3年連続シェア1位を果たしたベンダの勝因とは?どうぞご確認下さ…



従来、ERPに最も期待されてきたのが業務プロセスの効率化を達成することでした。しかし現在、ERPパッ…


NAS」関連のセミナー

【東京開催】NetworkManager徹底攻略 【デージーネット】  

開催日 10月17日(月)〜10月18日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 12万9600円(税込み)

【東京開催】NetworkManager徹底攻略〜CentOS7/RHEL7 プロフェッショナルセミナー〜<内容>NetworkManagerは、CentOS5…

簡単・確実に動くOpenStack環境を実現する 【主催:EMCジャパン/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 10月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・OpenStackをご検討の企業、興味がある企業。・ハイパーコンバージドインフラをご検討の企業、興味がある企業。【プライベートクラウドでの活用が始ま…

食品品質情報管理セミナー 【JFEシステムズ】  

開催日 12月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

私どもJFEシステムズでは、食品メーカー様の品質保証業務・商品開発業務を支援するパッケージソフトウェアMerQurius(メルクリウス)を、15年以上・200社…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NAS/ここまできた!低価格「NAS」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NAS/ここまできた!低価格「NAS」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000713


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ