この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!「NAS 掲載日:2004/05/31

低価格NAS ユーザーの声



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
そもそもNASとは?
2
NASの活用のメリット
3
低価格NAS最近動向
1
低価格NAS選び方のポイント
2
低価格NAS製品カタログ
1
低価格NASユーザーの声
 
INDEX


ユーザーの声
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!
ユーザーの声

 キーマンズネットでは、2004年3月3日(水)〜3月10日(水)にわたって、キーマンズネット会員に対し「ストレージの導入に関するアンケート」を実施した(有効回答426件)。この中でNASに関する項目も聞いているので、ここでその主なものについて結果をご紹介しよう。 低価格NAS ユーザーの声

1 

低価格NASユーザーの声



1-1

3割のユーザーがNASを導入済み。今後導入の可能性があるユーザーは6割


 NASの導入率は30.7%、未導入は60.6%であった。しかし今後の導入の可能性について聞いたところ「NASを具体的に導入予定・検討中」が16.7%、また「具体的な案件はないが、導入が考えられる」と答えたユーザーは43.6%に上った。



…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

NAS/ここまできた!低価格「NAS」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

NAS」関連の製品

PDF活用法の中から、業務効率を向上させる幾つかの方法を紹介 【アドビ システムズ 株式会社】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 NEC Information Assessment System 【NEC】
PDFソフト NAS サーバー管理
PDF実践講座:更に業務効率を高める活用法 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。

NAS」関連の特集


企業のグローバル展開や統合・組織改編などの動きが活発化している昨今、ワークフローツールにも“柔軟性”…



2015年上半期のベンダ出荷金額は、325億円であった同市場。200万円未満の市場はマイナス成長する…



日本の技術の粋を極めた宇宙観測用カメラを応用した超広角コンプトンカメラ。ガンマ線を高解像度で撮影でき…


NAS」関連のセミナー

NetApp Innovation 2017 Nagoya 【ネットアップ】  

開催日 2月15日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

投資対効果を最大限に活かすIT投資マネジメントセミナー 【アイ・ピー・エス/スカイライト コンサルティング】  

開催日 1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、ITの飛躍的な発展が続いています。 ところが、企業の現場ではITの保守・運用に多大な費用が取られる 一方で、経営に活かすためのIT投資がなかなかできていな…

NetApp Innovation 2017 Osaka 【ネットアップ】  

開催日 2月21日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NAS/ここまできた!低価格「NAS」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NAS/ここまできた!低価格「NAS」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000713


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ