音声インデクシング技術●音の検索が可能に!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


5分でわかる最新キーワード解説
今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2004/05/26
音声インデクシング技術ってなんだ

 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは「音声インデクシング技術」。音声認識、自然言語処理技術を使い、音声や動画を含む映像コンテンツの内容を示す「メタデータ」を高精度に付与する技術です。今後ますますニーズが高まる、ネットワーク上での映像コンテンツの流通のキーとなる技術として期待されています。

5分でわかるイメージ図
音声インデクシング技術とは?
 映像に含まれている音声データから、話されている内容をテキスト化すると同時に、XMLによるメタデータ化を全自動で行なうことで、映像コンテンツの一覧性や検索性を高める技術のこと。メタデータとは、「コンテンツに関するデータ」であり、コンテンツに対してさまざまな観点から情報が付与される。メディアのタイプ、データサイズ、最終更新日などの形式的な情報から、本質的なコンテンツの意味内容に関する情報はもちろんのこと、著作権や利用条件などにかかわる付帯情報なども含まれる。こうしたメタデータを適切にコンテンツに付与する作業は、これまで人手に頼るところが多く、それを効率化する技術が求められてきた。高度なコンピュータ処理を駆使した音声インデクシング技術により、音声や画像といった「ディジタル信号」から、メタデータという「内容を記述したデータ」を自動的に作成することが可能になるのだ。
 コンテンツのメタデータの自動生成を、テレビニュース映像を例に説明する。ニュース映像のコンテンツを再生(読み込み)させると、リアルタイムで話されている言葉が次々とテキストとなって画面に現れる。一通り映像の読み込みが終わると、ニュース映像がストーリー(ニュース項目)ごとに一覧表示される。表示内容は、ストーリーの要約、ジャンル分類、ストーリーに含まれるキーワードリンク、それに代表的な映像場面をクリップしたサムネイル画像だ。ユーザーは表示されたサムネイル画像やキーワードリンクをクリックすることにより、目的のニュースストーリーを指定して再生することができるのだ。
 インターネットの普及によりネットワーク経由で映像コンテンツを閲覧することが容易になっている現在、無限に近い広がりを見せるインターネット中のいったいどこに有用な映像コンテンツがあるのかを見つけ出すためのキーとなるのが映像情報のメタデータ化だ。この処理が自動化されることで、より幅広い映像コンテンツの活用が可能となる。


各画面をクリックすると拡大画面がご覧頂けます。
システム画像1   システム画像2   システム画像3  

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2016/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP-YB10」 
●A賞:抽選で1名様
 HUAWEI Windows 10 Pro搭載 2in1デバイス「HUAWEI MateBook M3」 
●C賞:抽選で1名様
 iRobot 床拭きロボット「ブラーバ ジェット240」 
●D賞:抽選で1名様
 プリンセス 大皿みたいな白いホットプレート「Table Grill Pure」 
●E賞:抽選で2名様
 ASUS 毎日の健康をスマートに記録「VivoWatch」 

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】 PC&モバイルセキュリティ維持・管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
グループウェア IT資産管理 その他運用管理関連
グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

新着特集


 「第12回:保管と廃棄」から約1年が経過してしまいました。既にマイナンバーの収集を完了し、利用を開…



せっかくコラボレーションツールを導入したのに、思ったように社内で浸透しない…そうした声もしばしば聞こ…



耐震安全性向上と被災家屋の復旧早期化を目的とする「知能住宅」が登場!産官学連携による建築物に対するI…


新着セミナー

2020年問題へ向けたシステムの課題と対策講座 【富士通マーケティング】  

開催日 10月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネス環境が目まぐるしく変化する昨今、企業に於けるICTの役割は、経営のサポートと言う観点に加え、会社の収益に貢献するICTへ益々その役割を拡大しております。…

Yellowfinのユーザー、管理者様向けEducation(集合研修) 【Yellowfin Japan】  

開催日 10月19日(水)〜10月21日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3Days 18万円(税抜)

Yellowfinのユーザー&管理者様向けのEducation(集合研修)を開催します。本研修では、Yellowfinのより詳細な知識習得を目的とし、管理者向け…

本当にイケてるSDNベンダーはどっち? 【ネットワールド/シスコシステムズ/ヴイエムウェア】  

開催日 11月2日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

既に幅広いお客様に導入されているSDN (Software-Defined Networking) ソリューションを今、どう選択すべきかお悩みの方必見!ネットワ…

このページの先頭へ

音声インデクシング技術/音声インデクシング技術●音の検索が可能に!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「音声インデクシング技術/音声インデクシング技術●音の検索が可能に!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000709



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ