この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 運用コストを減らすワザ50(基礎) 掲載日:2004/05/21
 キャパシティ管理

 コスト削減は情報システム部門の最大の関心事。しかしそれがビジネス成長の妨げになっては元も子もない。データ量や処理量の増加に比例して運用コストが増大しないコントロールが肝心だ。このコントロールを適切に行うために不可欠なのがキャパシティ管理。まずはキャパシティ管理の意義や方法を確認しておこう。 キャパシティ管理イメージ



キャパシティ管理のイメージ
 運用管理コストの抑制・削減を考えるなら、まずはシステムの安定稼働を図ることが肝心なのは言うまでもない。本シリーズでは変更管理や問題管理、それらの基盤となる構成管理をしっかりと行うことにより、トラブルを激減させることができることを紹介してきた。キャパシティ管理は、こうした現場に密着した運用管理業務の上位で、システム全体のキャパシティ(容量/パフォーマンス)を把握し、ビジネス規模すなわちデータ量と処理量との最適なバランスを保って安定したサービスレベルの確保と運用管理コスト最適化をめざすものといえる。
 キャパシティ管理のイメージは次の図のように考えるとわかりやすいだろう。

図1 バランス化したシステム
図1 バランス化したシステム
(資料提供:アイ・アイ・エム)

 リソースが一定で業務量が多くなればサービスレベルは低下し、サービスレベルを高めると処理できる業務量が少なくなる。そのバランスをとるためには、業務量やサービスの変動量に従って、支点となっているリソースを変化させるとよい。
 計測対象の変動量は、サービスを実現するための業務それぞれの処理時間やレスポンスタイムなどであり、サービス量に対応するトランザクション件数やバッチジョブ本数などである。測定対象業務にはアプリケーションプログラムだけでなくミドルウエアやシステムプログラムも含まれる。リソースはCPU、メモリ、ディスク、ネットワークなどの容量・性能だ。
 このバランスを保つための方法が「キャパシティ管理」であり、将来にわたってバランスを保つことが「キャパシティ・プランニング」である。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キャパシティ管理/最大効果を狙う「キャパシティ管理」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「キャパシティ管理」関連情報をランダムに表示しています。

キャパシティ管理」関連の特集


統合運用管理ツールは市場投入から既に10年以上が経過していますが、ビジネスとITの進歩を背景に、今も…



ITILソリューションとしての地位を確立しつつある統合運用管理ツール。今回は「ITIL」の基礎と、統…



企業規模を問わず、セキュリティやコンプライアンスが厳しく問われる時代の頼れるツール「統合運用管理ツー…


「その他ストレージ関連」関連の特集


「SDSってどんなシーンで使えるの!?」「1つのベンダがいくつもSDS製品を提供してるけど何が違うの…



次世代光ディスクとして大注目のブルーレイディスク。実はこれが紙でできる…という斬新な発想で生まれたペ…



3億2000万年もデータ保存可能なストレージが誕生!?今の技術が衰退してしまっても読み出せるストレー…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

キャパシティ管理/最大効果を狙う「キャパシティ管理」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キャパシティ管理/最大効果を狙う「キャパシティ管理」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000707


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ