この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「IPS 掲載日:2004/05/17

IPS



1:基礎講座 2:選び方講座 3:現場レポート
1
ネットワーク攻撃の現状
2
IPSの基本
1
IPSの選び方
2
製品カタログ
1
情報セキュリティ実態調査レポート
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 IPSが搭載する機能はIDSやファイアウオールと重複する部分が多いので、基本的にはこれらのセキュリティ機器両方の選択ポイントと共通している。IPSはインライン機器として安定稼働する必要があるので、パフォーマンスや信頼性/可用性といった部分は充分チェックすべきだ。合わせて既存ネットワークのトポロジやオペレーションに大きな変更を加えることなくスムーズに導入可能であることも重要になる。 IPS

1 

IPSの選び方



1-1

導入目的で選ぶ!


 基礎講座で説明したように、IPSにはIDSライクなIPSとファイアウオールライクなIPSという2つの方向性があるので、導入目的によって選択すべき製品は変わってくる。例えば、侵入防御だけでなく検知、ログ収集、解析、相関付け、レポーティングを重要視する場合にはIDSライクなIPSが適しているし、強固なファイアウオール基盤をベースにしたポリシーベースの防御機能を重要視する場合にはファイアウオールライクなIPSが適している。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IPS/セキュリティの新常識!「IPS」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

IPS」関連の製品

原因はネットワーク? セキュリティ装置が期待通りの効果を上げない理由とは 【イクシアコミュニケーションズ株式会社】 ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか? 【ダイワボウ情報システム+他】 改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
ネットワーク管理 SDN IPS
原因はネットワーク? セキュリティ装置が期待通りの効果を上げない理由とは サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。 Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。

IPS」関連の特集


企業のインフラを圧迫する“悪の権化”スパムメールを排除できるスパム対策ツール。スパム撲滅に立ち向かう…



まさにネットワークの見張り番とも言える「IDS/IPS」の分類や侵入検出方法、IDS/IPS自体のセ…



 昨今多発する標的型攻撃に由来した情報漏洩対策として、Webアクセスの一元化による安全な通信を確保す…


IPS」関連のセミナー

SSL通信環境におけるセキュリティ対策、ログ運用の提案ポイント 【マクニカネットワークス】  

開催日 12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

WebサイトのSSL化が年々右肩上がりに増加しており、現在約半数のWebサイトがSSL化されていると言われております。本来安全を確保するためのSSL通信が、暗号…

SSL通信環境におけるセキュリティ対策、ログ運用の提案ポイント 【マクニカネットワークス】  

開催日 11月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

WebサイトのSSL化が年々右肩上がりに増加しており、現在約半数のWebサイトがSSL化されていると言われております。本来安全を確保するためのSSL通信が、暗号…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IPS/セキュリティの新常識!「IPS」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IPS/セキュリティの新常識!「IPS」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000705


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ