この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「アンチウイルスソフト 掲載日:2004/05/10

アンチウイルスソフト



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
企業における現在のウイルス対策
2
導入箇所別のアンチウイルスソフト
3
発展するウイルス対策
4
ウイルス対策の統合管理ツールで運用・管理負荷を軽減
1
アンチウイルスソフト選択の注意事項
2
アンチウイルスソフト製品カタログ
1
アンチウイルスソフトシェア情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 次々と現れる新種ウイルス。それに対抗するため、企業システム内のさまざまな場所にアンチウイルスソフトが導入され、管理部門の手間も大きくなってきた。特にクライアントPC管理の手間は、企業規模が大きくなればなるほど増えていくことになる。そのため最近のアンチウイルス製品は、こうした手間の軽減、つまり運用・管理のしやすさに重点を置いたものが多くなってきた。そこで今回は、アンチウイルスソフトの最近の傾向などに焦点を当てて解説していく。 アンチウイルスソフト

1 

企業における現在のウイルス対策


 先ず、特に問題視されているウイルスとその対策を通して、現在の企業におけるウイルス対策について説明しよう。



1-1

対策が困難なネットワークウイルス


 現在、ウイルスの脅威は広く認知されており、ほとんどの企業が何らかの形で、ウイルス対策を行なっている。特に、エンドユーザーが日常的に利用するクライアントPC向けのアンチウイルスソフトは、広く普及している。
 それでも、ウイルスの被害は撲滅されたわけではない。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、ユーザーからのウイルス発見・被害の届出状況を、毎月発表している。これによると2004年3月は4012件と、2月の1733件の2倍を超える発見・被害の届出があった。3月の下旬に、ワーム「Netsky」が爆発的に流行したことが大きな要因だ。「Netsky」が流行したのは、非常に多くの亜種が作成されたことが理由の1つで、次々と登場する亜種に対して、適切に対処できずにいたユーザー企業が多かったためと考えられる。
 また、一口にウイルスと言っても、ウイルス、ワーム、トロイの木馬などの種類があるが、トレンドマイクロがワームの一種類と定義しているネットワークウイルスは、特に要注意だ。代表的なネットワークウイルスとして、2003年8月のお盆頃に大流行した「MSBlaster」が挙げられる。同社の定義によればネットワークウイルスは、セキュリティホールを悪用してメールとファイル共有以外の経路で侵入し、ユーザーの操作無しに自動的に感染活動を開始するものだ。感染後にユーザーの操作が無くても自動的に活動を始めるため感染に気付きにくく、従来のアンチウイルスソフトでは防御が難しい(ただしネットワークウイルスというものを特に定義をしていないベンダーもあり、一般的にはワームとほぼ同義で使われていると考えて差し支えないだろう)。


図1 ネットワークウイルス「MSBlaster」の活動
図1 ネットワークウイルス「MSBlaster」の活動
資料提供:トレンドマイクロ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アンチウイルスソフト/アンチウイルスソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルスソフト」関連情報をランダムに表示しています。

アンチウイルスソフト」関連の製品

エンドポイントセキュリティサービス EPSecurity 【インテック】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】
IPS アンチウイルス アンチウイルス
マルウェア対策のエンドポイントセキュリティ。フルクラウド型の検出方式により端末動作の軽快さをキープ。未知のマルウェアも怪しい振る舞いを検知してブロックできる。 USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは?

アンチウイルスソフト」関連の特集


JTB(ジェイティービー)から約793万人の個人情報の流出が疑われる事故が発生した。事故の経緯はこう…



 今回はまとめとして、なぜ従来は正しいとされていたマルチベンダポリシーが最適とは限らないかを解説する…



 今回はパターンパッチングによる対策が主流で、マルチベンダポリシーが正しいとされていた2000年頃か…


アンチウイルスソフト」関連のセミナー

巧妙化するサイバー攻撃!情報流出を防ぐための対策とは? 【エムオーテックス/ディーアールエス】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大手旅行会社で793万件もの個人情報流出がニュースを賑わしました。その手口は標的型メールと言われており、昨年発生した日本年金機構と同様のものになります。標的型攻…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 1月31日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アンチウイルスソフト/アンチウイルスソフト」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アンチウイルスソフト/アンチウイルスソフト」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30000698


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ