この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「アンチウイルスソフト 掲載日:2004/05/10

アンチウイルスソフト



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
企業における現在のウイルス対策
2
導入箇所別のアンチウイルスソフト
3
発展するウイルス対策
4
ウイルス対策の統合管理ツールで運用・管理負荷を軽減
1
アンチウイルスソフト選択の注意事項
2
アンチウイルスソフト製品カタログ
1
アンチウイルスソフトシェア情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 次々と現れる新種ウイルス。それに対抗するため、企業システム内のさまざまな場所にアンチウイルスソフトが導入され、管理部門の手間も大きくなってきた。特にクライアントPC管理の手間は、企業規模が大きくなればなるほど増えていくことになる。そのため最近のアンチウイルス製品は、こうした手間の軽減、つまり運用・管理のしやすさに重点を置いたものが多くなってきた。そこで今回は、アンチウイルスソフトの最近の傾向などに焦点を当てて解説していく。 アンチウイルスソフト

1 

企業における現在のウイルス対策


 先ず、特に問題視されているウイルスとその対策を通して、現在の企業におけるウイルス対策について説明しよう。



1-1

対策が困難なネットワークウイルス


 現在、ウイルスの脅威は広く認知されており、ほとんどの企業が何らかの形で、ウイルス対策を行なっている。特に、エンドユーザーが日常的に利用するクライアントPC向けのアンチウイルスソフトは、広く普及している。
 それでも、ウイルスの被害は撲滅されたわけではない。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、ユーザーからのウイルス発見・被害の届出状況を、毎月発表している。これによると2004年3月は4012件と、2月の1733件の2倍を超える発見・被害の届出があった。3月の下旬に、ワーム「Netsky」が爆発的に流行したことが大きな要因だ。「Netsky」が流行したのは、非常に多くの亜種が作成されたことが理由の1つで、次々と登場する亜種に対して、適切に対処できずにいたユーザー企業が多かったためと考えられる。
 また、一口にウイルスと言っても、ウイルス、ワーム、トロイの木馬などの種類があるが、トレンドマイクロがワームの一種類と定義しているネットワークウイルスは、特に要注意だ。代表的なネットワークウイルスとして、2003年8月のお盆頃に大流行した「MSBlaster」が挙げられる。同社の定義によればネットワークウイルスは、セキュリティホールを悪用してメールとファイル共有以外の経路で侵入し、ユーザーの操作無しに自動的に感染活動を開始するものだ。感染後にユーザーの操作が無くても自動的に活動を始めるため感染に気付きにくく、従来のアンチウイルスソフトでは防御が難しい(ただしネットワークウイルスというものを特に定義をしていないベンダーもあり、一般的にはワームとほぼ同義で使われていると考えて差し支えないだろう)。


図1 ネットワークウイルス「MSBlaster」の活動
図1 ネットワークウイルス「MSBlaster」の活動
資料提供:トレンドマイクロ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アンチウイルスソフト/アンチウイルスソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルスソフト」関連情報をランダムに表示しています。

アンチウイルスソフト」関連の製品

NECのクラウド型MDM 「スマートデバイス管理サービス」 【NEC】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
MDM ERP IT資産管理
スマートデバイスを業務利用している企業の声を反映したクラウド型MDMサービス。端末ロック、グループ単位でのアプリ配信、インストール制御など企業に必要な機能が充実。 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

アンチウイルスソフト」関連の特集


万全のセキュリティを備えているはずの世界的大企業でも気づかず危険に晒されるゼロデイ攻撃。具体的な手口…



前回のコラムで紹介したProxyサーバだけでなく、UTM製品からも有用なログを得られるケースがありま…



仮想化やSaaS型アプリケーションなど企業のインフラが変化しつつある中でIT資産管理ツールはどう活用…


アンチウイルスソフト」関連のセミナー

AIアンチウイルスCylancePROTECT(R)徹底解説セミナー:2018早春 【テクマトリックス】  

開催日 2月16日(金),3月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨年春から夏にかけて猛威を振るったWannaCryやPetyaなどの騒動を受け、次世代エンドポイントセキュリティへの関心は急激に高まりました。一方で、アンチウイ…

AI活用のセキュリティソリューションと、セキュリティビジネス 【主催:ソフォス/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【ランサムウェア、標的型攻撃など、高まるリスク】昨年感染が拡大した「WannaCry」、2018年も猛威を増す「ランサムウェア」。昨年5月に発生したランサムウェ…

EDRを実装した次世代アンチウイルスとは? 【サイバネットシステム】  

開催日 1月24日(水),2月16日(金),3月16日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

多層防御が前提のマルウェア・ランサムウェア対策の中でエンドポイント防御の重要性が高まっています。その中でも注目されているのが、既知だけでなく未知の脅威も検知し、…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アンチウイルスソフト/アンチウイルスソフト」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アンチウイルスソフト/アンチウイルスソフト」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30000698


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ