この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 運用コストを減らすワザ50(基礎) 掲載日:2004/04/16
 レガシーマイグレーション

 メインフレームやオフコンなどの「レガシーシステム」にまつわるコストは情報システム部門の悩みの種だ。その悩みを解消するものとして注目されているのが、昨年からシステムベンダーや大手Sierが次々に打ち出している「レガシーマイグレーション」サービスと、その考え方である。今回はこのレガシーマイグレーションとは何か、それによって何が解決するのかを中心に、レガシーシステムを見直すためのステップを紹介し、応用編では事例も含めて実際の進め方を紹介していく。 レガシーマイグレーションイメージ



なぜレガシーマイグレーションがいま注目されるのか
 「レガシーシステム」という言葉には今、相異なる2つのニュアンスがある。1つは「安定した信頼できる」ものという肯定的な意味合い、もう1つは「古い、乗り越えるべき」ものという否定的な意味合いだ。前者は従来から基幹系システムを稼働させてきた実績への評価と今も変わらぬ信頼を示し、後者はオープン系システムとの比較で主にコスト面と将来性への不安を表している。これはそのまま現在の情報システム部門のレガシーシステムに対するアンビバレントな思いに対応している。

レガシーシステムの現在
 レガシーシステムは企業の基幹業務のエンジンであり、長年の運用の過程で企業独自のノウハウを組み込み洗練されたビジネスロジックが形成されてきた。オープン系システムにはないアーキテクチャ上の安定性と信頼性・可用性とともに、手厚いベンダーサポートによる安心感は、現在でも他に替え難い魅力であろう。
 しかし、一方では次のような問題点を抱えている。

システム維持コスト(ハードウエア、ソフトウエア、周辺機器など)が高額。
長年の運用によりシステムが複雑化してメンテナンスが困難。
新しいテクノロジーがオープン系システム中心に開発されるため、新技術への対応が困難でビジネス環境変化に追随することが難しい。
若手の開発技術者、運用技術者の技術指向がオープン系システムに向かいがちで、将来的な技術者不足が危惧される。
Web系、クライアントサーバー系の運用・管理とレガシーシステムの運用・管理の双方を行わなければならず、非効率的で運用管理コスト増が止められない。

e-Japan重点計画特命委員会の
メッセージにみるレガシーシステムの問題点
 これらの問題点は情報システムに年間10億円以上の支出をしている中央省庁のシステムにおいても同様だ。昨年秋のe-Japan重点計画特命委員会の調査では、各省庁のレガシーシステムが予算の約8割を消費していたという。同委員会は、「利便性を下げずにトータルコストを下げることができるならレガシーシステムを刷新する」ことを呼びかけた。これが今、企業のレガシーシステム見直しの機運を大きく盛り上げることにつながっている。同委員会が指摘していることを要約すれば次のようになる。

巨大なシステムが長年にわたり非競争環境に置かれてきた。
支出の大半がシステムの維持運営に費やされてきた。
効率性に関する十分な検証がされていないまま拡充されてきた。
結果としてシステム予算が戦略的IT投資に回らなかった。

 そして現在ではより費用対効果の高いシステム再構築が可能になっているとし、新たなシステムへの移行を促している。これらの指摘は、多くの企業システムにそのまま当てはまるのではないだろうか。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

レガシーマイグレーション/「レガシーマイグレーション」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「レガシーマイグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

レガシーマイグレーション」関連の特集


運用・保存システム1570本、パッケージ型設計・出力ツール4万9300本の数量であった「電子帳票関連…



ミック経済研究所の調べによると、2007年度の出荷金額は5.4%増になると見込まれている電子帳票パッ…



複雑化したレガシーソフトのコンポーネント判別やプログラムとデータ間の依存関係を可視化できる「ソフトウ…


「メインフレーム」関連の特集


 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がま…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

レガシーマイグレーション/「レガシーマイグレーション」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「レガシーマイグレーション/「レガシーマイグレーション」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000691


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ