この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「ブレードサーバー 掲載日:2004/04/08

ブレードサーバー最新動向



 登場から3年が経過し、ラックマウントサーバー市場におけるブレードサーバーの地位は確固たるものになりつつある。当初は、省スペース低消費電力を重視したWebサーバーなどのフロントエンド向け製品が主流であったが、最近では高性能CPUを搭載しWeb3階層システムにおけるTier2領域(ビジネスロジック層)をカバーする製品も増えている。今後は、ユーティリティコンピューティングのプラットフォームとしてラックマウントサーバーにおける主流になるものと予想される。 ブレードサーバー最新動向



 A N A L Y S T アナリストファイル #017
 株式会社 野村総合研究所
株式会社 野村総合研究所 古明地 正俊 (Masatoshi Komeichi)
情報技術本部 情報技術調査室 主任研究員
古明地 正俊 (Masatoshi Komeichi)
1986年東京工業大学大学院 電子システム専攻修士課程修了後、メーカーの研究開発部門を経て2001年に野村総合研究所に入社。情報技術本部にてIT動向の調査と分析を行うITアナリスト。専門は、サーバーおよびユビキタス・ネットワーク関連技術。


ブレードサーバー登場の背景


 サーバー市場でブレードサーバーが注目を集めたのは、RLX Technologiesが2001年にTransmetaのCrusoeを使用した省スペース、低消費電力のサーバーを開発したのが始まりである。当時、iDC(Internet Data Center)におけるサーバーの高密度化の主役は1U(高さ1.75インチ)の薄型サーバーであり42Uのラックへの搭載数は最大42台であった。それに対して、RLX Technologiesのブレードサーバーは高さ3Uの筐体に24台のサーバーを収納可能であり、42Uのラックに336台ものサーバーの搭載を実現していた。
 また、当時カリフォルニア州において電力危機による停電が頻発しており、RLX Technologiesがノートパソコン用と考えられていたTransmetaのCrusoeプロセッサを使用し、低消費電力のサーバーを開発したという点も話題性を高めるのに一役買っていた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ブレードサーバー/ブレードサーバー最新動向」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレードサーバー」関連情報をランダムに表示しています。

ブレードサーバー」関連の特集


 前回は仮想化環境におけるセキュリティ対策の注意点を説明した。今回は、仮想化という特殊な環境に合わせ…



 豊富なセキュリティ機能を提供するUTMアプライアンスだが、多くの機能を一括で提供するからこそ選択す…



企業のIT担当者559人対象に「サーバ仮想化ソフトの導入状況」を調査。導入目的、重視ポイント、課題な…


「ブレードサーバ」関連の特集


ベンダごとに仕様が違うブレードサーバ。導入時のベンダ選びは慎重にならざるを得ません。そこで、失敗しな…



各社独自の仕様で展開しているブレードサーバー。どの部分に違いがあるのか、また製品選びのポイントはどこ…



IDCだけでなく企業にも入り始め、もはやインフラと化したブレードサーバ。今回は、そんなブレードサーバ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレードサーバー/ブレードサーバー最新動向」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレードサーバー/ブレードサーバー最新動向」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6


30000671


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ