第35回 分散を統合的に使え!グリッドの基礎


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2004/04/14
 分散を統合的に使え!グリッドの基礎

  ここ数年、グリッドコンピューティングが注目を集めてきている。インターネットをはじめ、コンピュータネットワークの広域化と高速化、さらに、そこに接続される数多くのコンピュータの存在が、かつては考えの及ばなかったテクノロジーの扉を開けることとなった。今回は、グリッドコンピューティングについての基礎知識から種類などのほか、IBMのOGSAベースのウェブサービス、NTTデータの「cell computing」などの具体例を挙げながら、その将来性について考察していきたい。 パケットの捕捉・解析 LANアナライザ


グリッドコンピューティングの基礎知識

グリッドコンピューティングとは
  そもそもグリッドコンピューティングとは何であろうか。グリッドコンピューティングのグリッド(grid)には、高圧送電線網(power grid)や地図上の方眼などの意味がある。高圧送電線網の存在により、私たちユーザーは、発電所の場所がどこにあるかを意識することなく、電力の供給を受けることができる。グリッドコンピューティング(grid computing)は、ネットワークを介することで、CPUパワーやデータストレージなどのコンピュータ資源を、提供場所に依存することなく利用しようという発想のもとに登場したテクノロジーといえる。

グリッドコンピューティングで実現するものとは
  次に、もう少し具体的な話として、グリッドコンピューティングの基本的な利用事例を見ていくことにしよう。
  昨今、コンピュータの普及は一般家庭にまで及び、誰もがPCを利用するまでになってきている。しかし、企業や研究機関において、膨大な情報を高速で処理するためには、スーパーコンピュータと呼ばれる超高速の演算機能を持つコンピュータが不可欠となる。ところがこのコンピュータは、非常に高価であるうえ、維持費にも多大なコストが発生する。このため、多額の予算を確保できない企業や研究機関では、必要であったとしても、スーパーコンピュータを利用することはできなかった。
  ところが、スーパーコンピュータを利用することなく、それ以上のパフォーマンスで情報を処理する新たなテクノロジーが開発された。これがグリッドコンピューティングである。
  現在、一般ユーザーの持つPCの多くは、ブロードバンドによって常時インターネットに接続されている。そこで、この無数ともいえるPCの空き時間を利用することで、処理すべき情報を小分けし、それをそれぞれのPCに振り分けて処理してもらうことに着目したのだ。PCの処理速度は、スーパーコンピュータには及ばない。しかし、PCを数万台、数十万台用いることができるならば、スーパーコンピュータ以上のパフォーマンスを実現することが可能だと、みなさんも容易にイメージすることができるであろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グリッド/第35回 分散を統合的に使え!グリッドの基礎」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グリッド」関連情報をランダムに表示しています。

グリッド」関連の製品

クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】 Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
VDI 開発環境/BaaS EAI
あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。 クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。

グリッド」関連の特集


企業に必要なIT資源をサービスとして提供する「クラウドコンピューティング」。その本質と現状、導入のポ…



日米両国の政権交代を契機に再び注目を浴びているグリーンIT。日本のユーザ企業の取り組み状況と実現ステ…



システム自身がトラブルに対応する夢の運用技術「自律運用」。その実現技術は確実に進歩しています。今回は…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

グリッド/第35回 分散を統合的に使え!グリッドの基礎」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グリッド/第35回 分散を統合的に使え!グリッドの基礎」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000668


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ