この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「広域イーサネット 掲載日:2004/03/29

広域イーサネット シェア情報



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
広域イーサネットとは
2
広域イーサネットで利用できる付加サービス
3
広域イーサネットの現在
4
広域イーサネットが選ばれるワケ
1
広域イーサネット導入の注意事項
2
広域イーサネット製品カタログ
1
広域イーサネット シェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 ここでは富士キメラ総研が2003年10月に発刊した「2003 コミュニケーション機器マーケティング調査総覧」のデータを元に、現在の広域イーサネットの国内市場シェア情報を紹介する。 広域イーサネット シェア情報

1 

広域イーサネット シェア情報



1-1

広域イーサネットサービスの市場概況


 広域イーサネットサービス市場は、2001年度の通信大手各社の参入が契機となり、2002年度以降、本格的な立ち上がりを見せている。
 導入ユーザーが急拡大した要因として、低速アクセス回線への対応、IP-VPNとの相互接続といったサービスメニューの充実によって、トラフィックの少ない中小規模の拠点を持つ企業でも導入が進んだことが挙げられる。

 市場が急拡大する一方で参入事業者の急増によって競争が激化している。本市場を開拓したクロスウェイブ コミュニケーションズは2003年8月に会社更生手続きを申請、同年12月にはNTTコミュニケーションズが営業譲渡を受けている。
この動きを受けて、2003年度以降の広域イーサネットサービス市場のシェアは、大きく変化するものと予想される。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

広域イーサネット/広域イーサネット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「広域イーサネット」関連情報をランダムに表示しています。

広域イーサネット」関連の特集


PHS定額化や高速通信を実現する第三世代携帯電話の普及にあわせ、企業で利用が進むモバイルアクセスサー…



IP電話も登場し、ますます進化するネットワーク。いったいどこまで速くなり、どこまで安くなるのか?今回…



従来型のIP-VPNとともに、フレッツ網やADSLを利用したエントリー型IP-VPNが新たに加わり、…


「広域イーサネット」関連の特集


「IP-VPN VS 広域イーサネット」という新型WAN戦線に変化が!広域イーサネットのデメリットが…



2015年度は、金額が3089億円、数量が約49万回線と見込まれた広域イーサネット市場。27.2%の…



「広域イーサネットって何?」と聞かれたら説明できますか?仕組みから他のWANサービスとの違い、最新事…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

広域イーサネット/広域イーサネット」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「広域イーサネット/広域イーサネット」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000661


IT・IT製品TOP > 通信サービス > 広域イーサネット > 広域イーサネットのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ