国内無線ICタグの総市場規模と需要予測がわかる!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!「ICタグ 掲載日:2004/03/01

ICタグ 市場予測



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場予測
1
ICタグとは
2
ICタグの基礎知識
3
ICタグの用途と実例
1
ICタグを取り巻く課題
2
ICタグ関連情報
1
ICタグ 市場予測
 
INDEX


市場予測
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!
市場予測

 矢野経済研究所発行のプレスリリース「2003年版 RF-ID(無線ICタグ)市場に関する調査結果」より無線ICタグの総市場規模推移と需要予想、需要分野別構成比推移を紹介する。 ICタグ 市場予測

1 

ICタグ 市場予測



1-1

国内RF-ID(無線ICタグ)の総市場規模推移と需要予測


 RF-ID(無線ICタグ)の国内市場規模は、2003年度 (2003/4〜2004/3)見込において1,450万枚(前年度比137%)であった。また、需要予測については2005年度 (2005/4〜2006/3)予測が2,850万枚(2003年度比197%)となり、2010年度(2010/4〜2011/3)予測が12億 1,400万枚(2005年度比4,260%)となった。
 2003年度見込の需要分野別構成比としては、数量ベースで、製造(FA)分野が41.4%、物流(輸送、倉庫関連など)分野が29.7%、流通(小売関連など)分野が6.9%、アミューズメント関連分野が4.8%、レンタル・リース関連分野が3.4%、その他分野が13.8%と算出された。
 2005年度〜2010年度にかけてのアプリケーション別の需要予測については、物流分野での宅配便伝票や配送ラベル、物流管理(トレーサビリティ、 SCMなど)、航空手荷物タグなどの成長が特に著しく、2010年度には需要分野別の構成比を大きく変化させている。また、流通(小売関連など)分野である商品管理用タグ(POS関連など)についてもユビキタス社会が実現すれば大きな成長が予測される。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ICタグ/非接触型ICタグ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ICタグ」関連情報をランダムに表示しています。

ICタグ」関連の製品

AsReaderApps 【アスタリスク】
その他基幹系システム関連
iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。

ICタグ」関連の特集


IDCでは、過去10年にわたり、国内IT投資金額の推移を調査している。1月に発表した調査結果によると…



情報漏洩は、内部の人間による持ち出しが大半。いつ、誰が、どこに出入りしたかをしっかり記録し、確認でき…



ビジネスパーソンに必須の名刺。その保管や活用方法は昔から悩みの種…。重い名刺ファイルを営業に持参して…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ICタグ/非接触型ICタグ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ICタグ/非接触型ICタグ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000642


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ