この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「ICタグ 掲載日:2004/03/01

ICタグ



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場予測
1
ICタグとは
2
ICタグの基礎知識
3
ICタグの用途と実例
1
ICタグを取り巻く課題
2
ICタグ関連情報
1
ICタグ 市場予測
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 BSE問題や鳥インフルエンザなど食に対する安全性から、商品情報として付加される生産地情報などを利用したトレーサビリティの仕組みが取りざたされている。そのコア技術として注目を集めているものが、今回特集する「ICタグ」と呼ばれるものだ。現在は、さまざまな業界で実証実験が行われている状況で、未知数の部分も多いICタグだが、その基本的な仕組みとともに、今後利用が見込まれる業界や現状抱えている課題などをしっかりと学んでいただければ幸いだ。ICタグの中でも、特に無線技術を利用した非接触型のICタグを中心に解説していきたい。 ICタグ

1 

ICタグとは


 今回は、新聞各紙をはじめ多くのマスメディアで紹介されている「ICタグ」の基礎知識を詳しく解説していきたい。まずは、ICタグ関連の用語を整理して、その歴史的な背景とともに、注目を集めている理由を紹介していこう。



1-1

ICタグを語る上で理解しておきたい用語


 まずは言葉の整理をしておきたい。ICタグを語る上で必要な用語として、ICチップやICカード、 RFIDなどといった言葉が飛び交うことが多い。これらを整理して紹介しよう。「ICチップ」とは、CPUを内蔵しているものもあるが、主にデータを格納するためのメモリと考えていただければ間違いない。このICチップと無線を拾うためのアンテナが一体化されているものが、ICタグとなる。「ICカード」は、ICタグと同じ機構で動作するもので、JRが利用している定期券・プリペイドカード機能を持つ「SUICA」などがこれに該当する。ICタグとIC カードは区別が付きにくくなっているものの、基本的には人間が生活の場で利用する、カード型のものがICカード、モノにつけてバーコードなどの代わりに利用が期待されているものがICタグとして理解していただきたい。最後に、「RFID(Radio Frequency IDentification)」とは、ICタグを使った非接触の無線通信による識別技術のことを指すもので、特定のデバイスを指す言葉ではない。


図1 ICタグ関連用語
図1 ICタグ関連用語

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ICタグ/非接触型ICタグ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ICタグ」関連情報をランダムに表示しています。

ICタグ」関連の製品

AsReaderApps 【アスタリスク】
その他基幹系システム関連
iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。

ICタグ」関連の特集


紙やUSBメモリからの情報漏洩を防ぐためにも、人の出入りを管理したい…その第一歩となる「入退室管理シ…



「ビッグデータと言われても…」予算高に人手不足など中小企業では敷居が高かった社内外のデータ活用。そん…



SuicaやEdy等の電子マネーサービスや提携サービスの拡大で普及期に突入したICカード。今回はその…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ICタグ/非接触型ICタグ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ICタグ/非接触型ICタグ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30000640


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ