この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「ビデオ会議システム 掲載日:2004/02/16

ビデオ会議システム



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
ビデオ会議システムの現状とそのメリットとは?
2
ビデオ会議システムの種類とその構成
3
ビデオ会議システムが持っている機能
4
最新規格と課題解決の技術
1
システム導入の注意点
2
ビデオ会議システム製品カタログ
1
ビデオ会議システム ユーザーの声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 現在のブロードバンド環境以前のISDN網などでも導入が進んでいたビデオ会議システム。現在ではインターネットなど公衆回線を利用したシステム構成をとるベンダーも多くなってきている。選び方講座では、導入に関する注意ポイントを解説しながら、専用端末やパソコンタイプ、サービスを含めた製品カタログを紹介しよう。あわせて、ビデオ会議システムを利用しているユーザーの声を取り上げたい。 ビデオ会議システム

1 

システム導入の注意点



1-1

ビデオ会議という文化を根付かせる!


 ビデオ会議システムにメリットがあることは感覚的にもご理解いただけることだろう。しかし、導入してもそのシステムがうまく利用されないことがある。それは、カメラ越しに会議をするという、その手法に対する習慣が根付いていかないことだ。この場合、ある程度の強制力を持ってシステムを利用させることが必要となる。ある会社では、出張申請があった場合に、なぜこの打ち合わせがビデオ会議でできないのかをしっかり理由付けさせて、極力ビデオ会議で行うことを強制させるようにしている。このあたりは運用でしっかりとカバーしてもらいたい。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビデオ会議システム」関連情報をランダムに表示しています。

ビデオ会議システム」関連の製品

クラウド型ビデオコミュニケーションサービス「PrimeMeeting」 【ソフトバンク/ポリコムジャパン】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】
テレビ会議/ビデオ会議 Web会議 Web会議
ビデオ会議とWeb会議を統合!革新的クラウドサービスの全貌公開 マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。 高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。

ビデオ会議システム」関連の特集


2007年以降、急成長中の「Web会議システム」は各種端末との連携がトレンド!?デジタルペンやタブレ…



多くの企業で導入し始め、手軽にコミュニケーションを行う手段として広く認知されているWeb会議。今回は…



ワークスタイル変革では、従来のメールなどに加えて、ビデオ会議などのビジュアル・コミュニケーションの日…


ビデオ会議システム」関連のセミナー

Office365ソリューションサミット 大阪:特別セミナー 【主催/共催:カコムス/クオリティア/ネクストセット/プリンストン/日本マイクロソフト】  

開催日 2月23日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

Office365の特別なイベント「Office365 ソリューションサミット2017」を、2017年2月23日(木)にMicrosoft 関西支店にて開催いた…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000630


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ