この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「ビデオ会議システム 掲載日:2004/02/16

ビデオ会議システム



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
ビデオ会議システムの現状とそのメリットとは?
2
ビデオ会議システムの種類とその構成
3
ビデオ会議システムが持っている機能
4
最新規格と課題解決の技術
1
システム導入の注意点
2
ビデオ会議システム製品カタログ
1
ビデオ会議システム ユーザーの声
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 IP電話が爆発的に普及し、同じブロードバンドのキラーコンテンツとして注目を集めていたビデオ会議システムも、SARSやテロの影響もあり、遠隔地とコミュニケーションを図る手段として更なる脚光を集めている。そこで今回は、ビデオ会議システムの基本に立ちかえりながら、その最新動向を含めた市場動向を詳しく解説していきたい。昨年登場した最新規格もしっかりとおさえていただければ幸いだ。 ビデオ会議システム

1 

ビデオ会議システムの現状とそのメリットとは?



1-1

言葉の定義


 遠隔地にいる人同士が、音声と映像を利用したコミュニケーションを図ることのできる会議システム。これは、日本においては「テレビ会議システム」という言葉が現在のところ一般的だ。しかし、近年PCを利用した会議システムが多く提供され始め、「ビデオ会議」や「Web会議」などいろいろな名称で呼ばれるようになっている。そこで今回は、「Video Conference」と米国では呼ばれているこの会議システムのことを、専用機器やPCベースの仕組みを総称して「ビデオ会議システム」と呼ぶことにする。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビデオ会議システム」関連情報をランダムに表示しています。

ビデオ会議システム」関連の製品

中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】
Web会議 Web会議
マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。 高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。

ビデオ会議システム」関連の特集


アドレス変換技術を応用し、ネットワークへの負荷を振り分けるロードバランサ。その仕組みを解明。資格試験…



「ビデオ会議システム」の基本をわかりやすく解説!まるで同じ部屋にいるような臨場感の「テレプレゼンス」…



ネットワークを小さな村に見立てLANとMACアドレスの仕組みを寸劇仕立てでわかりやすく解説。LANイ…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30000629


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ