第31回 公衆を専用線に!インターネットVPN


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2004/02/10
 公衆を専用線に!インターネットVPN


  今回は今注目を集めているVPNについて考察したい。VPNとは多くのユーザーによって利用されるネットワークを用いながら、それがあたかも専用回線であるかのように利用できるネットワークやその技術のことである。また、このVPNを実現するトンネリング技術についてふれておきたい。さらにIpsec-VPNやSSL-VPNの概念や利用用途についても詳しく見ていこう。 公衆を専用線に!インターネットVPN


注目を集めているトンネリング技術

VPNのニーズの高まり
  昨今、VPNのニーズが急速に高まりつつある。VPN(Virtual Private Network)とは、多くのユーザーによって利用されるネットワークを用いながら、それがあたかも専用回線であるかのように利用できるサービスや、このサービスを実現するための技術のことだ。VPNのニーズの高まりとは、安価なネットワークを介しながらも、高い信頼性を確保できる通信形態へのニーズにほかならない。
  まず挙げられるのは、LAN間接続への利用だ。LANは現在、大手企業においてほぼ100%、中小企業においても年々導入率は高まる傾向にある。LANとはLocal Area Network、つまりオフィスや学校、一般家庭などの限られたスペースに敷設される小規模なネットワークを意味するが、これらが敷設されると、次には、遠隔地に敷設されたLAN同士の相互的な接続環境へのニーズが高まる。
  LAN間接続は、電気通信事業者が提供する専用線サービスやセルリレー、フレームリレー網などを利用することにより、実現することが可能だが、これには月々多大なコストが必要となる。そこで、安価に利用できるインターネットや、そのほかの安価なネットワークをうまく活用することで、安全なLAN間接続環境を実現する技術が開発された。これがVPNというわけだ。
  また、インターネットを介するサービス業者と一般顧客との1対多による情報のやり取りに際しても、VPNは不可欠なものとなりつつある。

VPNを実現するトンネリング技術
  なお、VPNはトンネリングと呼ばれる技術を用いることで実現している。
  もともとネットワークには、それぞれ特有のプロトコルが規定されており、これに従うことにより、多くのコンピュータやPCがこのネットワークを共有し、相互的な通信を可能にしている。例えば、インターネットにおいては、IP(Internet Protocol)と呼ばれるプロトコルの利用が規定されているが、インターネットに接続されるコンピュータやPCは、このプロトコルに従うことで、相互的な接続を実現している。
  さて、インターネットにおいて、データはパケットと呼ばれる情報単位に分割されて送信される。この際、分割されたデータを暗号化するなど、第三者にはわからない形態へ変更(暗号化)することで、 万が一盗聴されたとしても、情報自体が漏洩する可能性が低くなることをご理解いただけるだろうか。つまり、公のネットワーク内にトンネルを仮想的に構築し、専用線に近い利用形態を実現するわけだが、これこそがトンネリング(tunneling)ということになる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

インターネットVPN/第31回 公衆を専用線に!インターネットVPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「インターネットVPN」関連情報をランダムに表示しています。

インターネットVPN」関連の製品

インターネットVPNルーター 「FutureNet NXR-G200シリーズ」 【センチュリー・システムズ】 NIFTY Cloud/ニフティクラウド(パブリック型クラウドサービス) 【富士通クラウドテクノロジーズ】 ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ 「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】
ルーター IaaS/PaaS ルーター
無線(LTE)回線やWiFii対応で通信を二重化。通信にかかる負荷とコストを低減できる高性能VPNルーター。独自のFQDNルーティング機能を搭載し、ゼロコンフィグも実現可能。 国内最大級!5,000件以上の導入実績を誇るパブリッククラウド
◆卓越したパフォーマンスと信頼性・柔軟性
◆24h/365日対応の電話サポート
◆使いやすいコントロールパネル
LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。

インターネットVPN」関連の特集


ネットワーク今昔物語「専用線サービス今編」では、仮想閉域網を構築するVPNサービスの変遷から、次世代…



IDCでは、過去10年にわたり、国内IT投資金額の推移を調査している。1月に発表した調査結果によると…



ネットワークカメラ特有の課題は?敷設済みのイントラネットの利用はNG?全世界に映像ダダ漏れも……?導…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

インターネットVPN/第31回 公衆を専用線に!インターネットVPN」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「インターネットVPN/第31回 公衆を専用線に!インターネットVPN」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000620


IT・IT製品TOP > 通信サービス > インターネットVPN > インターネットVPNのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ